旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
2015年 09月 02日
 この7月松江城天守が国宝になりました。全国に現存する十二天守の一つで、天守の平面規模では2番目、高さは3番目、古さは5番目だそうです。明治の初めに全国の城はほとんど取り壊されたのですが、松江城天守は、地元の豪農らの尽力で山陰で唯一保存されてきたのです。
 天守の雄姿とともに参議院候補二人の雄姿もごらんください。左が鳥取・島根選挙区候補遠藤秀和さん。天守頂上から見た宍道湖と町並み、お昼に食べた割子そば、初代藩主の堀尾吉春の銅像もいっしょに。
e0255020_23104643.jpg
e0255020_2311140.jpg

e0255020_23112326.jpg

e0255020_23255834.jpg

e0255020_2319328.jpg

 午前、尾村利成県議、大国陽介県議、片寄直行松江市議、遠藤選挙区候補とともに小林淳一副知事を表敬訪問。地方創生、市町村合併、島根原発、松江城国宝化などで意見交換させていただきました。
e0255020_23184245.jpg

 街頭演説と松江駅前のリレートークで戦争法案反対の訴えも。30日の国会包囲大集会の模様を伝える赤旗号外を配布しながらがんばりました。
e0255020_23215821.jpg
e0255020_23222551.jpg

[PR]
# by haruna-naoaki | 2015-09-02 23:24 | 活動日記
2015年 09月 01日
 朝一番で松江に直行、といっても到着は13時40分。5時間40分の旅で待っていてくれたのは遠藤秀和選挙区候補(鳥取・島根合区選挙区)。8月に記者発表して以来初めてのコラボとなりました。
 遠藤さんは現在37歳、島根県委員会の政策委員長を務めている青年政治家。介護施設でケアマネージャーとして働き、尾村利成県議の秘書を務め、県政のあらゆる問題に精通してきた若さと行動力のニューフェイス。長くて広い鳥取、島根を駆け巡ってたたかいます。みなさんよろしくお願いしますね。
e0255020_8509.jpg

 東出雲町のつどいでは、吉儀けい子松江市議とともに、安来市出身の大森たけし元衆議院議員のお姉さんも参加しておられました。現職時代大森さんにはたいへんお世話になり、昔話に花が咲きました。
e0255020_871970.jpg

e0255020_882140.jpg

 県庁前では尾村県議、大国陽介県議、片寄直行松江市議も合流し街頭演説会。駆けつけてくださった後援会員さんとともに、県庁の職員もたくさん聞いてくださり、「戦争法案はどうしても通してはいけない」との県民の思いが伝わってきました。
e0255020_8112242.jpg

 夜は青年のつどいです。それぞれの職場でがんばる青年たちの姿におじさんの涙腺が緩むこと。
e0255020_8124955.jpg

 最後の写真は、珍しく荒れる宍道湖です。
e0255020_8133985.jpg

[PR]
# by haruna-naoaki | 2015-09-01 07:55 | 活動日記
2015年 08月 31日
 高知のある女性後援会員さんから、以下のような応援歌をいただきました。

は→ハートは熱く
る→涙腺緩め
な→何でも感動のじいじです
な→仲間作りに奔走し
お→おごる与党は許さない!
あ→安倍の悪政にアンパンチ!
き→期待を背負って今日も行く!

 勇気百倍です。ありがとうございます。
[PR]
# by haruna-naoaki | 2015-08-31 15:02
2015年 08月 31日

e0255020_14435889.jpg安倍首相は戦争法案を衆院で強行採決した時「これであきらめる」と思ったことでしょう。NHKも「成立確実」と繰り返し「反対しても無駄」と迫ってきましたが、国民を甘く見ては困ります。世論は沈静化どころか、ますます高まり、採決不能の立ち往生へと追いつめつつあります。  

「学者アピール」の賛同者は13300人に増え、大学人反対声明、学生との共同の集会開催。政権支持基盤でも反乱が起こりつつあります。創価大・創価女子短期大有志は「人権思想を学んだ私たちが行動するのは今」。

広島県庄原市の小林秀矩県議(自民)は「私の父は戦争で7回死にかけた。憲法は守らねばならない」と「ストップ・ザ・安保法制 市民の会」を立ちあげ、「私は中立だが、政権が右に寄るから左に見えるようになった」と喝破しました。

愛媛では弁護士会、9条の会などの集会に800人が参加(21日)、高知でも300人の集会(23日)、山場の30日には国会包囲10万人、全国100万人大行動も。いよいよ正念場です。  

この一週間、各地で生々しいお話を聞きました。岩国生まれの広島の若い保育士は「帰省して自衛隊の友人に会った。規律が厳しくなりパワハラ、暴力が横行、自殺した同僚が数人もいるとショッキングな話だった」。

福山市では峠三吉の人生が語られました。「彼は結核で亡くなる数日前に党に入り、『晴れ晴れした』と言い残している」。山口県光市では、女性が「安倍から日本を守ろう」をスローガンに運動しようと提起、20歳の学生は「戦争をさせない生き方をしたい」とその場で入党宣言。岩国市議の小川さんは「2年間自衛隊に入隊、間違った人生だった。だから今、共産党に入って平和のためにたたかっている」。

一人ひとりの決意が、平和の巨大なうねりを生み出しています。日本の民主主義は健在です。(2015年8月23日記)


[PR]
# by haruna-naoaki | 2015-08-31 14:44 | エッセー爽風
2015年 08月 30日
 戦争法案廃案全国行動です。東京では12万人が参加した模様。呼応して開催した高知集会には1500人超、会場となった丸の内緑地公園は雨を吹き飛ばすすごい熱気となりました。
e0255020_21325061.jpg

 安保法制に反対する高知ママの会、ピースパイオニアーズの青年が決意表明。自らの言葉で思いを語るその発言に参加者の大きな共感が広がりました。
e0255020_2141185.jpg

 私の役目は最後尾で宣伝カーでコールをすることでしたけど、パレードの隊列がすごくて、長い間待ってようやく出発。若いカップルが「私たちもいっしょに歩いていいですか」と駆け寄ってきました。沿道の方々の反応もよく、安倍政権はいかん、憲法を守れとの市民の思いがひしひし伝わってきました。安倍さん、この市民、国民の怒りが聞こえていますか?強行採決なんてとんでもない。
e0255020_21453978.jpg
e0255020_2145576.jpg

 午後、郵政産業労働者ユニオン四国地方本部定期大会へ。労働契約法20条裁判をたたかう労働者を激励し、ともにたたかう決意を交流しました。
e0255020_21593387.jpg

 そして安保法制に反対する高知の大学人声明公開シンポジウム「いま、安保法案を問う」に参加。220名がつめかけ会場は超満員。憲法学の岡田健一郎高知大学准教授、政治学の根小田渡高知大学名誉教授、公文豪高知近代史研究会会長、社会福祉学の田中きよむ県立大学教授が発言、高知のインテリゲンチャのみなさんのがんばりに市民が共感する、かつてない共同の大きな広がりを見ました。
e0255020_2211933.jpg

 
[PR]
# by haruna-naoaki | 2015-08-30 22:11 | 活動日記