旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2015年 08月 31日
 高知のある女性後援会員さんから、以下のような応援歌をいただきました。

は→ハートは熱く
る→涙腺緩め
な→何でも感動のじいじです
な→仲間作りに奔走し
お→おごる与党は許さない!
あ→安倍の悪政にアンパンチ!
き→期待を背負って今日も行く!

 勇気百倍です。ありがとうございます。
[PR]
by haruna-naoaki | 2015-08-31 15:02 | Comments(0)
2015年 08月 31日

e0255020_14435889.jpg安倍首相は戦争法案を衆院で強行採決した時「これであきらめる」と思ったことでしょう。NHKも「成立確実」と繰り返し「反対しても無駄」と迫ってきましたが、国民を甘く見ては困ります。世論は沈静化どころか、ますます高まり、採決不能の立ち往生へと追いつめつつあります。  

「学者アピール」の賛同者は13300人に増え、大学人反対声明、学生との共同の集会開催。政権支持基盤でも反乱が起こりつつあります。創価大・創価女子短期大有志は「人権思想を学んだ私たちが行動するのは今」。

広島県庄原市の小林秀矩県議(自民)は「私の父は戦争で7回死にかけた。憲法は守らねばならない」と「ストップ・ザ・安保法制 市民の会」を立ちあげ、「私は中立だが、政権が右に寄るから左に見えるようになった」と喝破しました。

愛媛では弁護士会、9条の会などの集会に800人が参加(21日)、高知でも300人の集会(23日)、山場の30日には国会包囲10万人、全国100万人大行動も。いよいよ正念場です。  

この一週間、各地で生々しいお話を聞きました。岩国生まれの広島の若い保育士は「帰省して自衛隊の友人に会った。規律が厳しくなりパワハラ、暴力が横行、自殺した同僚が数人もいるとショッキングな話だった」。

福山市では峠三吉の人生が語られました。「彼は結核で亡くなる数日前に党に入り、『晴れ晴れした』と言い残している」。山口県光市では、女性が「安倍から日本を守ろう」をスローガンに運動しようと提起、20歳の学生は「戦争をさせない生き方をしたい」とその場で入党宣言。岩国市議の小川さんは「2年間自衛隊に入隊、間違った人生だった。だから今、共産党に入って平和のためにたたかっている」。

一人ひとりの決意が、平和の巨大なうねりを生み出しています。日本の民主主義は健在です。(2015年8月23日記)


[PR]
by haruna-naoaki | 2015-08-31 14:44 | エッセー爽風 | Comments(0)
2015年 08月 30日
 戦争法案廃案全国行動です。東京では12万人が参加した模様。呼応して開催した高知集会には1500人超、会場となった丸の内緑地公園は雨を吹き飛ばすすごい熱気となりました。
e0255020_21325061.jpg

 安保法制に反対する高知ママの会、ピースパイオニアーズの青年が決意表明。自らの言葉で思いを語るその発言に参加者の大きな共感が広がりました。
e0255020_2141185.jpg

 私の役目は最後尾で宣伝カーでコールをすることでしたけど、パレードの隊列がすごくて、長い間待ってようやく出発。若いカップルが「私たちもいっしょに歩いていいですか」と駆け寄ってきました。沿道の方々の反応もよく、安倍政権はいかん、憲法を守れとの市民の思いがひしひし伝わってきました。安倍さん、この市民、国民の怒りが聞こえていますか?強行採決なんてとんでもない。
e0255020_21453978.jpg
e0255020_2145576.jpg

 午後、郵政産業労働者ユニオン四国地方本部定期大会へ。労働契約法20条裁判をたたかう労働者を激励し、ともにたたかう決意を交流しました。
e0255020_21593387.jpg

 そして安保法制に反対する高知の大学人声明公開シンポジウム「いま、安保法案を問う」に参加。220名がつめかけ会場は超満員。憲法学の岡田健一郎高知大学准教授、政治学の根小田渡高知大学名誉教授、公文豪高知近代史研究会会長、社会福祉学の田中きよむ県立大学教授が発言、高知のインテリゲンチャのみなさんのがんばりに市民が共感する、かつてない共同の大きな広がりを見ました。
e0255020_2211933.jpg

 
[PR]
by haruna-naoaki | 2015-08-30 22:11 | 活動日記 | Comments(0)
2015年 08月 28日
 終日香川県西部の坂出市、宇多津町、三豊市、丸亀市、観音寺市で田辺健一候補と行動しました。
 朝7時半からの坂出駅前での早朝宣伝を皮切りに宇多津で街頭演説3ヶ所、白川よう子県議も合流しての丸亀中方橋調査(台風災害で不通)、岩田秀樹三豊市議と香川西高校理事長、校長先生との懇談、三豊市内2ヶ所で街頭演説、丸亀駅前での戦争法案ストップリレートーク、そして夜観音寺市の演説会を藤田ひとし市議とともに。
 中方橋は交通の要衝、県内随一の長さを誇る大切な橋。7月16日からの通行止めが大きな影響を与えています。できるだけ早く建て替えなどの方針を決め、早急な対応が必要となっています。
 香川西高校の校長先生は地方の私学経営の大変さを吐露、「少子化の中、公立に比べ学費が高くならざるを得ず、生徒を集めるのもたいへん。古い校舎の耐震補強も必要になっている」。
 観音寺市の演説会では田辺、春名のお話を54名のみなさんに聞いていただきました。その甲斐あってか、50代、20代のすてきな女性お二人が入党してくださった。うれしい。
 終わり良ければすべて良し!家に帰りついたのは11時半になりましたが白熱の香川西部の旅となりました。
e0255020_049244.jpg
e0255020_0494266.jpg
e0255020_0495323.jpg
e0255020_0501499.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-08-28 00:32 | 活動日記 | Comments(0)
2015年 08月 27日
 数年ぶりに小豆島に渡りました。
 小豆島といえばオリーブ、しょうゆ、そうめん、寒霞渓。そして忘れてはならないのは岬の分教場、「二十四の瞳」の壺井栄。大石先生(おなご先生)は戦争が激しさを増し赤紙で戦場にとられる教え子に対し、「名誉の戦死などするな。必ず生きて帰って」と声を潜めて伝えます。戦争が終わり教え子があつまります。家が没落し消息をたった生徒、誰にもみとられず病死した生徒、海の向こうで戦死した生徒、戦場で負傷し失明した生徒。48名も参加してくださったみなさんに、「いまは声を潜めることなく戦争反対と言える。勇気を出して声をあげましょう」と。
e0255020_22431810.jpg

 高松市に帰って南部支部の支部会議、亀岡中央支部のつどい、街頭演説に香川革新懇の戦争法案反対のリレートーク、そして協同病院のつどいと走り抜きました。協同病院は長女がお世話になっている病院です。9月に職場復帰の予定ですが、あたたかい先輩、同僚のみなさんに支えていただいて気持ちよい職場だといつもいっています。まずはお礼から話を始めました。
 南部支部の会議では、新入党員のFさんがお父さんの戦争体験を語りました。「父は7人兄弟。兄はミッドウェー海戦で戦死、もう一人の兄は空軍で大けが、父は満州で地獄を見た。戦争は絶対にややってはならない。戦争準備が抑止力なんて間違っている」。
 戦争法案反対の大きな息吹を感じる行動でした。
e0255020_22483043.jpg
e0255020_22484326.jpg
e0255020_2249421.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-08-27 23:07 | 活動日記 | Comments(0)
2015年 08月 26日
 10月4日告示、11日投票で高知県で第二の都市・南国市の市議選挙がたたかわれます。共産党は定数21のこの選挙に土居あつお、福田さわ子、浜田つとむ、村田あつ子の現職4名の必勝を期してたたかいます。南国市は、国会で暴言・妄言を繰り返し、戦争法案推進の中心になっている中谷防衛大臣の選挙区であり地元です。なにがなんでも負けられない、躍進を、と私も高知にいるときには可能な限り応援に入り、各候補とともに街頭から訴えています。9月22日には大演説会もおこない、4候補と私がお話させていただきます。どうぞご参加ください。
 4名の市議団は中学校卒業までの医療費無料化、来年度から実施の住宅リフォーム助成制度、就学援助の品目の拡大、一挙に14基建設した避難タワーなどの南海地震対策など、抜群の実績をあげてきました。
 また他会派にも働きかけてTPP反対の意見書を何度もあげ、戦争法案も慎重審議を求める意見書をあげ、国に物言う役割も発揮してきてきました。全国的に有名になった棚田のお米を使った週5日の米飯給食も、党議員団の再三の追及が実ったもので、「食育」の先駆けになってきました。
 今日は土居あつお、村田あつ子両市議と6か所で街頭演説。男性が宣伝カーに近寄ってきて「安倍を倒すのはオタクらあしかない。がんばって」と激励してくれたり、家からわざわざ出てきてくれて最後まで熱心に聞いてくれる高齢者がおられるなど、反応も上がってきました。
 地元の党と後援会の総決起と、全県の支援で必ず勝利したい。中谷大臣、安倍政権に痛撃を与えたいと思います。
[PR]
by haruna-naoaki | 2015-08-26 01:11 | Comments(0)
2015年 08月 25日
 台風の影響、被害はなかったでしょうか。激しい風雨でした。
 朝松山市のお隣松前町の町議選告示。松岡よしき、植田よしはる、稲田こうさんとつないできた日本共産党の議席、庶民の議席を金沢ひろしさんに引き継ごうと熱気むんむん。金沢さんは昨年支部の要請に応えて松山市から移住して立候補。不当解雇闘争を二年間たたかい勝利した信念の人です。高知に帰って演説会を終えたところに「無投票で当選です」の報が飛び込んできました。空白克服です。
e0255020_22154562.jpg

  高知に帰る高速バス、新宮から大豊の間すごい風、あおられながら何とか高知に帰り着きました。運転手さん、さぞかし怖かったでしょう。そしてただちに退職婦人教職員後援会のつどいへ。教職員の戦争法案反対アピールに現在150名のみなさんが賛同を寄せているそう。高知の教職員運動は健在です。
e0255020_22203775.jpg

 さらに雨をついて、日高村の野村重夫議員と党勢拡大。日曜版が一つふえました。
 そして私の第二のふるさと須崎市で開いた「戦争法案を考える夕べ」へ。足元が悪いなか、135名ものみなさんに参加いただき熱気むんむん。これまで何度かお誘いしてきた50代の男性が「入るならいまでしょう」とついに決意してくれました。
 台風を好き飛ばす熱気を各地で体感した一日でした。
e0255020_22242697.jpg

e0255020_22245080.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-08-25 22:25 | 活動日記 | Comments(0)
2015年 08月 24日
 消費税をなくす高知県の会、消費税廃止各界連の定例24日行動、続いて「なくす会」の世話人会にようやく参加することができました。なにしろ県外にいることが多かったものですので。
 4-6月期のGDPがマイナスになったことは衝撃です。97年の5%のとくには賃金がそれでもアップしていてなんとか持ちこたえたが、今回は増税に賃金アップが追いつていない、個人消費が落ち込んでいることが要因と政府の「白書」自身が認めるという事態です。
 防衛省は来年度の概算要求で5兆999億円を計上しました。残りのオスプレイ12機を一気に購入する計画も入っています。まさに軍備を支える消費税の正体もくっきり。
 最近はアベノミクスのアの字もでてきませんが、一枚看板のアベノミクスの失敗がくっきり示されています。これで2017年4月に消費税を10%に引き上げたらどうなるか。
 アベノミクス失敗、消費税増税、原発再稼働、一生派遣の労働法制改悪、公約破りのTPP推進、そして憲法破壊の戦争法、なにからなにまでダメダメダメ。安倍政権早く倒れてください。いや早く倒そう!
e0255020_22244016.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-08-24 22:27 | 活動日記 | Comments(0)
2015年 08月 24日

e0255020_10214931.jpg小池晃・党副委員長が暴露した自衛隊内部文書に衝撃が走っています。早ければ8月末の法案通過を想定、施行の2月にはスーダンPKOに駆けつけ警護の任務を加えるなど、部隊再編の計画まで検討していることが明らかになりました。

防衛大臣が知らないとすれば「軍部の独走」で許されなし、知っていれば国会軽視、国民を欺く暴挙です。戦争法案は日本をどこに導くか。背筋が寒くなります。  

原水禁世界大会広島に参加。慰霊碑への献花に参列した党国会議員団は志位委員長を先頭に8人、躍進を実感します。祈念式典での安倍首相のあいさつに「戦争法案をやめてください」とのヤジも飛びました。被爆者の平均年齢は80歳、被爆体験を引き継ぐ時間は短い。私たちができることを、そして核兵器ゼロを早く。  

今年のお盆休みは特別でした。故郷・岡山美作の「春名を励ます会」が「平和のつどい」と懇親会を開いてくださったのです。高校の先輩や後輩、恩師、党と後援会員、母と帰省中の妻、次男も参加。ド緊張のつどいでしたが、たくさんの励ましに感無量でした。

15日は終戦記念日の街頭リレートークを津山市で、16日は瀬戸内市で市民共同の平和集会へ。今年の夏は平和一色です。  

私の田舎では、半径10キロ圏内にガソリンスタンドは農協が経営する一つだけ。一人暮らしの母は、脱穀や籾摺り、田植えを農協にお願いしています。父は40年近く農協職員でした。田舎に帰ると、農協が生産者の協同組合というだけでなく、地域を支える存在だと実感します。農協解体なんて絶対ダメ。  

10日、山田豊、達田良子、上村恭子徳島県議と連年豪雨災害で被害を受けた那賀川流域を調査。「1年前の災害から立ち直りかけた矢先の今年の豪雨、ダメージは大きい」と辛い実態を詳しくお聞きしました。(2015年8月16日記〉


[PR]
by haruna-naoaki | 2015-08-24 10:22 | エッセー爽風 | Comments(0)
2015年 08月 23日
 熱い一日でしたね。香川に早朝決起でうかがった私は、8月7日に記者発表した参院選香川選挙区予定候補の田辺健一さんとはじめてコラボ。田辺さんは34歳、香川の党のエース、若い力で県民の願いを国政に届けてがんばります。「春名、田辺を香川の県民の願いの代表として国会へ」と熱風を突いて訴え。
 写真も田辺候補が主人公になるところですが、今日ばかりは”政治をカエル君”の独壇場です。カエル君3態をごらんください。中に入ったいたF君、お疲れ様、さぞ体重が減ったことでしょう。
 午後一番で国労四国本部の定期大会であいさつ。1047人の不当解雇撤回闘争で、連帯と団結を強め勝利和解を勝ち取った国労のたたかいにどれほど私も励まされたことでしょうか。民主、社民の代表にまじって連帯のあいさつ。
 続いて坂出市で街頭演説4箇所。久しぶりにのかく満昭市議と訴えました。最後は県党の「大運動成功決起集会」であいさつ。党を強く、大きく、そして戦争法案阻止へ、党員魂を発揮してたたかいぬこうと呼びかけました。
 それにしても異常に暑かった。グッタリ。
e0255020_22391857.jpg
e0255020_2239293.jpg
e0255020_22395291.jpg
e0255020_2240857.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-08-23 22:42 | 活動日記 | Comments(0)