旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
<   2015年 06月 ( 44 )   > この月の画像一覧
2015年 06月 14日
 午前10時、徳島県党会議へ参加し決意表明。笹岡四国ブロック事務所長と高知へとんぼ返り、午後の高知県日本共産党後援会の総会であいさつ。
 「96年、高知一区で故山原健二郎衆議院議員が10期目の当選、困難な扉をこじ開けました。山原さんは「秋月や満天の星 きらめきて」と詠みました。続いて3時間後、四国ブロックで私が初当選。山原さんは「四国いま 峰の紅葉に彩られ」と詠んでくれました。以来2期7年衆議院議員としてたたかってきました。03年から四国には国会議席がありません。ほんとうに悔しく申し訳ない思いでいっぱいです。四国では笹岡さん、昨年の浜川さんとがんばりぬいてきましたが、議席を得られていません。全国の躍進のなかでの四国の悔しさを絶対に忘れてはならないと思います。私を今度こそ国会に送り返していただいて、中谷元防衛大臣が高知県民を代表していると思ったら大間違いということを示したい。四国に共産党の国会議員をどうしても誕生させたい。安倍政権を打倒しようではありませんか」。
 午後2時からは香美市香北支部のつどいへ。26名が参加したこのつどい、その名も「ばあば&ママカフェ」。「私もこの1月にじいじの仲間入りです。『ばあば&じいじ&ママカフェ』にバージョンアップしてください」とお願いしました。
e0255020_20375981.jpg
e0255020_20381586.jpg
e0255020_20382947.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-06-14 20:39 | 活動日記 | Comments(0)
2015年 06月 13日

e0255020_14155552.jpg4日の土佐山田のつどいでは戦争体験が語られました。「兄を戦争で亡くした。帰ってきたのは紙切れ一枚」、「叔母の夫が戦死、戦争犠牲者の惨めな思いを間近で感じてきました。戦争だけは絶対にいけない」。涙なしには聞けません。

実は私の父も戦争を体験しています。「満州に出兵、フィリピンへ移動時、自分の船だけ魚雷を受けずに無事。ルソン島はすでに連合軍の支配下、蛇やカエルを食べて飢えをしのぎ、たまたま捕虜になったので生きて帰還した」。多くを語らなかった父ですが、戦争の忌まわしい記憶だけは脳裏に焼き付いて離れなかったようです。

悪夢の体験を二度とさせてはならない、いさかいがあってもけっして戦争という手段はとらない。ここに戦後日本の歩んできた道があります。この道だけは踏み外してはならない、日本中でこの思いが爆発しています。  

松山の伊方原発再稼働反対集会へ(7日、写真)。四国はもとより大分からも参加。2500人の大集会となりました。福島から愛媛に移住した被災者の発言は胸をえぐりました。 みなさんは私たちのようになってはいけない。4年間苦しみ、これからも苦しむ、そんな思いを二度としてはならない」。

佐田岬の付け根に位置する伊方原発、その西に暮す5000人には逃げ場がありません。

基準地震動を引き上げても、南海トラフ地震に本当に耐えられるのでしょうか。敷地内には汚染水を保管する場所もありません。火山噴火が相次ぐ日本列島に再稼働してよい原発はどこにもありません。「再稼働反対」、「原発いらない」のコールに魂を込めました。  

中国、四国をやっと一巡。九州が外れましたが、それでも広い。どこでも地域に根を張り、平和、くらしの守り手としてたたかう仲間の姿があります。ここに力の源があると実感する毎日です。(2015年6月7日)


[PR]
by haruna-naoaki | 2015-06-13 14:16 | エッセー爽風 | Comments(0)
2015年 06月 13日
 アジサイの季節になりましたね。高知県にも春野のアジサイロードやアジサイ寺といわれる名所があります。私は淡いそれでいて存在感があるアジサイが好きです。本日行動した一宮東町でも素敵な花を見つけました。支部長のKさんとともにパチリ。
 戦争法廃止の署名をお願いしながら行動しましたが、ある男性は「中国が南シナ海でひどいことをしよる。備えが必要」と剣幕。「軍事対軍事では解決しません。理性と道理と外交の力で解決することが9条を持つ日本の使命です」とお答えしました。が男性は納得しない様子。対案をしっかり語ることの大切さを痛感。
 午後、市民団体が主催した日弁連の清水勉弁護士を招いた秘密保護法の学習会へ。戦争する国づくりと一体の秘密保護法、市民の運動で一定の歯止めがかけられている、それを大いに活用しようと呼びかけられました。
 そして笹岡まさる四国ブロック事務所長と徳島まで一っ跳び。明日の県党会議でのあいさつのためです。夜は旧知の友人と懇親会。徳島の夜は「フィッシュかつ」のものです。
e0255020_892612.jpg
e0255020_893979.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-06-13 08:10 | 活動日記 | Comments(0)
2015年 06月 12日
 香美市土佐山田の山田中後援会と山田東後援会が主催する「戦後70年 これまでとこれから」と題するつどいが開催され、それぞれ22名のみなさんに参加いただき大盛況でした。山崎りゅうたろう市議、大岸まゆみ市議も市政報告をおこないました。
 今日、山崎拓氏、武村正義氏、亀井静香氏、藤井裕久氏という保守政治家の重鎮4名が記者クラブで講演、「じじいだからといってだまっておくわけには行かない」と安倍政権の安保法制を強く批判、廃案を求めてたちあがりました。講演でもこのことを紹介し、「いまや戦争する国は絶対だめ、との声は燎原の火のごとく広がっています。たたかいぬいて必ず葬り去りましょう」と熱を込めて語らせていただきました。
 午前は「高知県建設労働組合第61回定期総会」へ。高知建労は小選挙区などで我が党の候補者を堂々と推薦していただくなど、さまざまなご支援をいただいています。住宅リフォーム制度、公契約条例の制定、建設国保の助成金満額確保など、これからも建労のみなさんの切実な願いを市政、県政、国政に届けてがんばります。
e0255020_22285838.jpg
e0255020_22291294.jpg
e0255020_22292567.jpg
e0255020_22293814.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-06-12 22:29 | 活動日記 | Comments(0)
2015年 06月 11日
 米子で岩永書記長と合流、県弁護士政治連盟の安田寿朗弁護士と憲法対談。 
 そして境港市にやって来ました⛲3年前の夏に「鬼太郎ロード」に観光に来て以来2回目です。さっそく定岡としゆき、安田とも子両市議とともに街角演説会、各地にたくさんの聴衆‼ありがたいことです。
 お昼に各団体の幹部の方などと懇談会☺続いて安田市議の近所で小集会、戦争体験がこもごも、いいつどいでした。
 そして渋谷前市議、定岡市議と読者拡大、さすが市議を何期も務めた顔の広さ、あっというまに6人もの読者が増えました☺すごい。
 境港の党の強靭さに感嘆しながら高知への帰路に着きました‼
e0255020_0435216.jpg
e0255020_0441017.jpg
e0255020_0442927.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-06-11 00:42 | 活動日記 | Comments(0)
2015年 06月 10日
 9日8時に高知駅発、岡山で新幹線へ、新山口駅でスーパーおきへ乗り換え、島根県益田市に到着したのはなんと14時28分、延々6時間半の長旅、西日本17県から中国四国9県になったとはいえやっぱり遠いです。
 でも9,10日の益田市での活動は感動的でした。8月末に市議選挙を控えている益田市、安達みつ子市議の再選はもちろんですが、二議席をめざそうととりくんでいて、市民の期待に応えようとの気迫がびしびし伝わってきました。
 9日ーまず党員拡大。3名の方に安達市議、下寺共子元市議とともに訴え、50代の女性が入党を決意してくれました。夜、全党員決起集会。40名の同志が参加し、市議選の政策を学び、私も決意表明、気合が入りました。
 10日ー午前、女性後援会のつどいへ。緊急のとりくみにもかかわらず45名もの方々が参加してくださり、熱気にあふれました。どこにいっても女性パワーは健在です。
 午後、安達市議、下寺さんなどと街頭演説を5か所で。各地で支援をいただきました。途中島根県随一と言っていい文化施設=グラントアを視察、石州瓦の落ち着いたかつ堂々とした施設でした。
 益田市の党と後援会のみなさんの熱気を肌で感じ、私の方が元気をいただきました。戦争法案廃案へエネルギーがますますみなぎってきました。
e0255020_21104055.jpg

e0255020_21113963.jpg

e0255020_21124692.jpg
e0255020_21135948.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-06-10 21:14 | 活動日記 | Comments(0)
2015年 06月 10日

「フクシマを繰り返すな! NO NUKES EHIME 2 伊方原発再稼働やめよ!! 6・7大集会」が2015年6月7日、松山市城山公園で行われました。高知のみなさんとバスで参加デモ行進にも参加しました。
[PR]
by haruna-naoaki | 2015-06-10 15:08 | ムービー | Comments(0)
2015年 06月 08日
 「フクシマを繰り返すな!NO NUKES EHIME2 伊方原発再稼働やめよ 6・7大集会」に参加しました。愛媛、香川、徳島、高知、大分から2500名もの参加者。松山城公園は熱気の嵐。「岬めぐり」の山本コータローさんも熱いメッセージとライブ。各県からも発言もよかった。福島から愛媛に移住してきたNさんは「4年間苦しみ、これからも苦しむ。こんな思いを二度としてはならない」と熱く訴え、胸に迫りました。
 パレードも華やかで楽しかった。高知からの参加者は「よさこい節」の替え歌も披露しながら練り歩きました。最後の写真は集会終了後、小崎愛子市議の地元で開いた集いの様子。
e0255020_749685.jpg
e0255020_7502073.jpg
e0255020_7503856.jpg
e0255020_751383.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-06-08 07:51 | 活動日記 | Comments(0)
2015年 06月 06日
5月29日、島根県松江市で開かれた日本共産党の「戦争立法ストップ集会 若者を戦場に送るな」で訴えました。90人が参加。安倍暴走政治ストップへ、「しんぶん赤旗」の前進へ頑張ることが申し合わされました。
[PR]
by haruna-naoaki | 2015-06-06 14:42 | ムービー | Comments(0)
2015年 06月 06日

e0255020_14251972.jpg5月26~29日まで初めての山陰路。鳥取市のつどいには自衛隊関係者が参加してくださった。「甥が自衛隊員。みんな不安があるが口に出すと処罰される。甥は止めるのは共産党しかないと隊内で支持を広げ『俺の周りはみんな共産党に入れた』と教えてくれました」。幼少時代に機銃掃射の中を逃げた体験を持つ男性は「自衛隊は必要。しかし外で戦争するのはお門違い。絶対に許せん」と語気を荒げました。

島根の飯南町赤木という過疎の地で住民団体が野中広務氏を招いた講演会を開きました。想定外の200人もの参加に「戦後70年は何だったのかと夜も眠れない」と野中氏が熱弁。出雲のつどいに参加した20代の医療現場で働く女性は「二度と従軍看護婦を許してはいけません。平和のために」との呼びかけに快く入党してくれました。

時代は間違いなく戦争か平和かの岐路。一人ひとりが自分の生き方を真剣に考え、行動しています。平和のために生きようという選択は、私に勇気を与えてくれます。  

尾村利成・大国陽介両県議の案内で島根原発を視察。驚いたのは松江市街地からわずか9キロしか離れていないこと。半径30キロ圏内にくらす方々は46万人。宍道断層が伸び、ひずみ集中帯の存在も発見されました。

松江での金曜日行動は136回目とか。粘り強いたたかいは、きっと原発ゼロの日本を切り開く礎となるでしょう。6月7日は伊方再稼動ストップの松山大集会、誘い合って参加しましょう。  

高知県の防災訓練へオスプレイ参加を断念させました。間違いなく県民世論の力ですが「事故原因の究明なくして参加はありえない」との県の姿勢も立派です。

愛犬ココちゃんに忘れられそうな旅生活ですが、帰ってくるとペロペロ攻撃。「まだ忘れられてない」とほっと安心する私です。(2015年5月31日)


[PR]
by haruna-naoaki | 2015-06-06 14:27 | エッセー爽風 | Comments(0)