旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
<   2013年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2013年 04月 30日
 高知市には古くから路面電車(土電)が走っており県民に慕われています。その路面電車のボディーに「『守ろう9条 世界の宝』 高知憲法会議、高知県平和委員会、高知県労連」と大書きされた「憲法9条号」がいよいよ明日から走り始めます。
e0255020_024480.jpg

 上の三者を中心に民主団体、労働組合が、今年は憲法9条守りぬく最大の正念場と心得、県民に大いにアピールする方法を検討してきたところ、この電車広告にいきついたというわけです。
e0255020_045848.jpg

 室内には、憲法前文、9条、13条、96条、国連憲章2条の条文が記された広告が二ヶ所掲示されています〔上記〕。
 出発式をおこない、参加者みんなで試乗しました。桟橋六丁目の車両基地から高知駅までの往復です。抜群に目立つらしく、カメラを向ける方も何人かおられましたよ。
e0255020_09347.jpg

 この「憲法9条号」は、5月1日から8月15日まで走る予定。約100万の費用はすべてカンパでこれから集めることにしています。みなさん、ぜひ見かけたら「カンパしなくちゃ」と思ってくださいね。
e0255020_0143378.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2013-04-30 00:10
2013年 04月 28日
 今日28日は政府が「日本の国際社会復帰を祝う主権国家を考える集会が開かれた日でもあります。というよりその日に合わせて抗議の意思を示す集会となったもので、総勢100名のみなさんが参加しました。
e0255020_23545443.jpg

 以下党を代表しての私の発言要旨です。

 日本共産党を代表して主権回復の日式典開催に抗議し、本当の主権を取り戻す決意を込めて発言します。
 サンフランシスコ条約の締結会議には、日本がアジア・太平洋戦争で侵略した中国や韓国は招待されず、当時のソ連などは調印を拒否し、全面的な講和ではありませんでした。領土不拡大の原則に反して、2条C項では千島列島のソ連の不法な占領を認め、3条では沖縄や奄美、小笠原をアメリカの施政権下に置くなど、「主権回復」とは程遠いものでした。しかも6条では米軍の駐留を認め、同時に結ばれた安保条約とともに、日本全土を米軍基地としたもので、まさに「従属と屈辱」の条約であります。政府主催の式典が国民に支持されないのは当然です。

 見過ごせないのは、条約発効から半世紀以上を過ぎた今なお、60年に改定された安保条約の下で日本は米軍の出撃基地とされ、国家主権と国民主権がじゅうりんされていることです。「主権回復」などという言い分は、二重三重に国民を欺くものです。
 とりわけ、サ条約で日本から切り離された沖縄は、72年の日本復帰後も全国の米軍専用基地の4分の3が集中する異常な状態が続いています。4月28日を「屈辱の日」と抗議してきた沖縄の反対を押し切る政府主催式典の開催に、県民が2度目の切り捨てだと憤激するのは当たり前です。

 本来、講和条約というのは、日本が侵略の責任を反省し、戦争状態を終わらせるためのもの。ところが「主権回復の日」を祝おうという安倍政権自身が、一方で侵略戦争の責任を否定し、再び国際的孤立と戦争への道を進みつつあることは見過ごせない。安倍首相が靖国神社の例大祭に供え物を贈り、麻生太郎副総理ら3人の閣僚、160人を超える国会議員が参拝。靖国神社はアジア・太平洋戦争を「自存自衛の正義の戦争」とたたえる侵略戦争賛美の特殊な施設です。そこへの参拝が、国内はもちろん、侵略の被害を受けた国から抗議されるのは明らかです。安倍首相は中国や韓国の抗議に「脅しには屈しない」と開き直り、侵略の責任を反省した村山富市元首相の「談話」見直しまで口にしています。外圧を作りだしている張本人は安倍首相ではありませんか。日本の孤立を決定的にし平和を破壊する道をゆるしてはなりません。

 アメリカいいなりが向きだしの形で現れているのがTPP交渉への参加です。公約を平気で踏みにじる政党や政治家に国政をになう資格はありません。アメリカとの事前協議ではアメリカの要求を丸のみです。自動車はアメリカが日本の車にかけている関税撤廃は先延ばしすること、日本は簡単な手続きで輸入できるアメリカ製の車の台数をふやすことを約束させられています。さらに簡保生命は当面がん保険などの新商品を売りださないと約束させられました。アメリカの保険会社の商売のジャマはさせないということです。農業を守る点ではなにも得るものはありません。日本政府の発表分には日本の農産品が重要品目だと書いていますが、アメリカ側の発表文にはそんなことは一言も書いてないのです。アメリカの要求を丸呑みし、日本を丸ごとアメリカに売り渡す売国の協定、それがTPPではありませんか。こんなことを唯々諾々と認める勢力や政党に「主権回復」を語る資格はありません。

 さて、この「主権回復の日」式典というのは、自民党内のタカ派など右派勢力が求めてきたのものです。それはズバリ憲法改悪の企てを加速するという目的のためです。つまり日本の主権が「回復」する以前につくられた憲法は「占領軍が押し付けた物」だということを強調したいのです。自民党は昨年の4月28日に合わせて自衛隊を「国防軍」とする改憲案を発表しました。安倍政権が今年の政府主催式典を強行するのはその流れに弾みをつける狙いです。
 
 安保条約を廃棄し、すべての米軍基地の撤去、オスプレイの配備や低空飛行訓練は許さない、憲法が花開く日本をつくり、本当の主権を回復するため、日本共産党は全力を挙げてがんばりぬくことを誓い決意表明とします。ご一緒にがんばりましょう。


 午後南国市で開かれたTPPシンポジウムには90名の参加者。農業委員会の代表、医師会の代表、食の安全の専門家など多彩なパネリストの発言は共感の輪を広げました。浜川さんも党の政策と立場を力強く述べました。
e0255020_23534776.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2013-04-28 23:37
2013年 04月 27日
 東京から午前中戻ってきた調査団一行。浜川さんは安芸の女性の集いへ直行。つかじさん、さこさん、細木さん、下本さんは高知市後援会総会へ。私も送れて参加。浜口かずこさん(江口よしこ市議の後継)も決意表明。参議院選挙勝利へ総決起です。
e0255020_23353349.jpg

 夜は私の妻の実家のある上分の地元支部での転籍党員の歓迎会。久しぶりにお会いする人もおり、大いに旧交をあたためることができました。
e0255020_23373728.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2013-04-27 23:30
2013年 04月 26日
 政府交渉に続いて福島・南相馬市へ。私にとって三回目の視察です。視察団は浜川ゆりこさん、つかじさち県議、下本ふみお、細木りょう高知市議、さこ哲郎前市議、笹岡まさる四国ブロック事務所長、田辺健一香川選挙区予定候補、そして春名です。
e0255020_2052088.jpg

 笹岡さんの運転で東京から一路福島ヘレンタカーで4時間30分、福島市についたのは11時前でした。
 翌日一路南相馬市の教育委員会へ。待ち受けてくださったのは渡部、荒木両南相馬市議。懇談のお相手は鈴木学校教育課主任栄養士。その後鹿島区の学校給食センターへ。
 〇学校給食に使用する全食品を放射能検査を行なっている。昨年3800件を検査。
 〇セシウム134の値が10ベクレル以下を基準にしている(国は100以下)。これは極めてき  びしい値だがそれ以上の値が出たことはほとんどない。下は測定器。
e0255020_21563557.jpg

 〇福島県産も大丈夫だが、保護者の不安も考慮し、いままでイチゴ一品出しただけ。じっくりと保  護者の不安をなくしていく。そのためには他のところではやっていない全品検査を根気強くやっ  ていく。内部被爆を抑えるには給食はなにをすべきかを考えて。
 〇水稲は今年も市全体で中止。下は浪江から見た第一原発の鉄塔。
e0255020_21572266.jpg

 放射能汚染がいかに子どもたちに暗い影を落としているか、そこから子どもたちを守る市と関係者のみなさんの努力にほんとうに感激しました。なお主任栄養士の鈴木さんは浪江出身、あの日から家に戻る事はできず家族が離れ離れの中がんばっておられる。先日子どもさんと家にひさしぶりに帰って見ると鼠の大群で荒れ果てていたといいます。子どもは「二度と帰りたくない」と一言。こんなに辛いことはないです。理不尽な原発災害、ほんとうに許せない。下は鹿島幼稚園の校庭に設置されていた放射能測定モニタリング装置。 
e0255020_21583060.jpg

 続いて渡部さんの案内で南相馬市小高区と浪江町を視察しました。下は渡部市議の説明を聞く一行。
e0255020_2205869.jpg

 3月11日直後となにも変わっていない、時間が止まった姿に唖然とせざるをえませんでした。とくに今回初めて浪江町に入らせてもらって、線量はそんなに高くなかったのですが、人も動物もまったくいない、生命の臭いがしないことに驚きと憤りを強く感じました。
e0255020_2272154.jpg
 
e0255020_2274169.jpg

 その後鹿島幼稚園を訪問させていただきました。
 〇その日14名の園児がいた。職員の車で桜田山へ一目散で逃げた。全員無事だった。でもお母さ  んが流されたり、消防士のお父さんがなくなったり、と家族には大きな議席が出てしまった。そ  の後の訓練では津波対策を取りいれ、情報が少ないのを防ぐために市役所の近くに避難すること  を徹底するようにしている。
 〇全国から様々な支援をいただいた。皇帝はそのおかげで芝生になった。子どもたちが思いきって  転げて遊ぶことができるようになった。
 〇鹿島区以外の子どもたちもたくさん受け入れている。下は園長先生にお土産を渡す一行。
e0255020_22354137.jpg


 昨年6月に訪問して以来約一年振りの福島視察。原発被害に負けずたくましく粘り強く生き抜く人々の姿に大きな勇気と感動をいただきました。同時に現実は解決に向っているどころか、いっそう深刻さを増している面もあることを肌身で感じました。

 原発再稼動なんてとんでもない。次世代のため、誤りなき選択が問われていると感じる視察となりました。
 
[PR]
by haruna-naoaki | 2013-04-26 20:45
2013年 04月 25日
 25日、一年ぶりの政府交渉へ。交渉団は仁比そうへい前参議院議員、高知の浜川ゆりこさん、香川の田辺健一さん、徳島の上村きょう子さん、愛媛の植木正勝さんの四国四県の選挙区予定候補が勢ぞろい。そして、笹岡まさる四国ブロック事務所長、かし昭二、白川容子香川県議、つかじさち高知県議、下本ふみお、細木りょう高知市議、さこ哲郎前市議、春名の総勢13名。
e0255020_189744.jpg

 要請先は、文部科学省、オスプレイ関係省庁(外務、防衛、国土交通)、国土交通省、経済産業省(規制庁含む)、農林水産省、厚生労働省。志位室の秘書のみなさんにお世話になってしっかり交渉することができました。下は国会議事堂前で「必ず国会へ」と意気込む5名の予定候補。
e0255020_18112854.jpg

 数々の貴重な成果をえることができた交渉でした。順不同に。

①無料低額診療事業で診察はむろん無料でいけるのに、薬剤についてはそのまま自己負担となっている、高知市が独自の助成を行なっていることも示しながら追及すると「問題があると認識しており至急検討する」と明確な前向き答弁。

②鳥獣被害対策の「鳥獣被害防止緊急捕獲等対策実施要綱」の運用について、杓子定規な解釈を、現場の実態に合わせて柔軟に対応できるようにせよとの要望に応え、交渉6日前にその趣旨を徹底する通達が出された。具体的には、捕獲部位が牙・耳などが揃っていないといけない、捕獲個体にペンキで日付を書かねばならないなどの内容について、もっと柔軟に捕獲がその人によってなされたことがわかればよい、ということを明らかにしたものである。

③中山間地の介護サービス提供者が、時間がかかり、サービス利用者が少ないなどで事業として成り立たない事態が広範に存在していることを示し、高知県が独自に国の「特別地域加算」に加えて独自の助成制度を実施していることについて「たいへん重要な取り組みで注目している」と答弁。今後検討することになった。

④津波避難タワーなどの地震津波対策施設の用地取得にかかわる譲渡所得税について租税特別措置法の特例措置を受けるためには事業認定を受けねばならない。しかし津波対策は迅速さが求められており、事業認定を受けなくとも租税特別措置法の特例(5000万の控除)を受けられるように改善してほしいとの要求にたいし「重要なことなので検討する。県から要望を上げてもらえば実現の方向で検討する」旨の前向き答弁が出た。
e0255020_18394471.jpg


➄四国電力の家庭用10%、企業用17%の電気料金値上げについて「原発固定費や安全対策費が膨大に計上されていたり、四電役員報酬3300万円がカットされていない、こんな値上げを認めるな」との追及に対し、規制庁は「役員報酬は査定中、九電も関電も1800万に減らしている」ことを明らかにし、「四電もこのままではすまないのでは」との認識を示した。

⑥オスプレイの低空飛行訓練にかかわって、国土交通省には国内を飛ぶ航空機のフライトプランが必ず集中するしくみになっており、それは米軍機も例外ではないことが明確になった。そのプランはフライトの1~2時間前に来ることも明らかになった。一行は「国土交通省から関係自治体にそのプランを知らせるならば、事前に低空訓練のコースなどがわかり対策が取れるではないか、すぐ検討しなさい」と追及した。「わかりました」とは言わなかったが、事前通知が可能な状態にあることが明確になったので、今後も追及していく足がかりができた。
e0255020_18401028.jpg


⑦「高知市では南海地震で長期浸水が起こる。この対策が地震対策の中でも大きな柱として検討する必要があるが、担当省庁の内閣府はどんな議論になっているか」との問いに「まったく議論になってない。認識を新たにした」と答弁。

⑧「南海地震で香川などに多いため池が崩壊する危険性が高い。しかし補助事業がない」との追及に「実情を国土交通省に伝えていただきたい。前向きに検討する」と答弁。

⑨山鳥坂ダム(愛媛)はまったく無駄なダムだが「事業継続」を決定したことを抗議。仁比さんが「まったくすすんでないダムがあるからと、やるべき肱川の浚渫などがずーと放置されていることは許せない」と追及。「ご指摘の通り。限られた予算なのでたいへんだが、早急に浚渫などにとりくみたい」と答弁。

⑩高知の青年170名を越える雇用アンケートの結果を示しながら「正規雇用を増やす抜本対策を」と浜川さん。担当者は「若者チャレンジ奨励金」制度を今年度から始めたことを明らかに。この制度は35歳未満の非正規雇用の青年を自社の正社員として雇用することを前提にして、自社内での実習と座学に奨励金を出す制度である。これによって正社員を3万人程度増やすことを見込んでいるという。

 などなど、重要な成果と一歩前進の答弁が出ました。
 同時に「オスプレイの低空訓練は、日米合意に基づいてやられていると認識している」〔外務)とか、廃炉を推進する部署がなくて、「伊方一号炉、二号炉を早急に廃炉へ、その際電気料金に跳ね返らないしくみをつくれ」との建設的な要望にたいして「答える部署がない」と拒否されたり、「TPP交渉参加は国民的裏切り、農業が崩壊してしまう。農水省が安倍内閣に進言して中止させる旗を振るべき」との追及には「守るべきものは守ってくれると認識している」と完全に白旗状態の答弁だったり・・・。
 やっぱり、アメリカいいなり、財界いいなりの政治の限界がくっきりわかる交渉でもありました。
[PR]
by haruna-naoaki | 2013-04-25 18:01
2013年 04月 24日
 イカ釣り漁船群が休漁に入りました。燃油の高騰が漁師を直撃しています。食用油、トイレットペーパー、小麦とどんどん輸入品の価格が上がって生活必需品の値段を上げています。

 日本には株の売買に年間100万ドル(8000万円)も注ぎ込むことができる大金持ちが175万人も存在しているそうで、そんな人たちにとってアベノミクスは笑いが止まらない大もうけをしているでしょう。その一方、日々の生活に事欠く多くの国民の存在・・・。格差と貧困の広がりはアベノミクスできわまれりとなってきました。

 毎週水曜日の生活相談には、この格差と貧困の直撃を受けている多くの方が訪れます。今日は子ども二人を育てる母子家庭のおかあさんが来室。やっと見つけた仕事でも10万を超える程度、とても親子3人では生きていけません。「生活保護を受けながら自立の道をすすみましょう」と相談、すぐに、はた市議と相談し、市役所にかけあいました。

 この日本、絶対におかしい。おかしさを拡大する自公政権が一番おかしい。そう思いませんか?
e0255020_21572747.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2013-04-24 21:59
2013年 04月 24日
 まず96条を変えてからその次に本丸の9条廃止へ向うー安倍氏と維新の会は参議院選挙で3分の2を越える議席を得たら憲法改悪を二段階で強行するかまえです。そんな道を許さない断固とした結果を選挙でしめしたい。

 憲法会議代表委員会で危険な憲法をめぐる情勢、たたかいの方針を大いに議論しました。5月3日の集会の成功、4月30日から走らせる路面電車「憲法9条号」のボディー広告「守ろう9条 世界の宝」のとりくみ、より広範な憲法擁護の共同をどう構築するか、議論はつきません。

 早朝宣伝は上町二丁目。浜川ゆりこさんのさわやかな声が響きました。登校中の小学生たちもたくさんあいさつしてくれました。
e0255020_0194330.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2013-04-24 00:19
2013年 04月 22日
 大津高須支部のK支部長とあいさつ回りと読者拡大へ。4名の方に日曜版読者になっていただきました。「近所のHさんにお世話になっているから」と購読してくれた方、「家族ぐるにでずっとおうえんしている」と購読してくれた方。歩くと福に必ず出会います。

 午後、生健会理事会へ。5月26日に開く「生健会学習会ー生活保護制度の重要性、生健会の魅力」の相談。安方全生連会長と四国内では抜群の組織力量を持ってがんばっている徳島の生健会の方を招いてその役割と魅力を学びます。

 25日に行なう政府交渉の準備。厚生労働、文部科学、国土交通、外務、防衛、経済産業、農林水産の各省に四国の代表で交渉します。大事な県民の要求を引っ提げ、一歩でも二歩でも成果をあげられるように準備に余念がありません。
[PR]
by haruna-naoaki | 2013-04-22 21:57
2013年 04月 21日
 いの町議選挙(5月14日告示、19日投票)が迫ってきました。現職の山岡つとむさん、新人の山崎きよさんの二議席をめざします。今日演説会が開かれ65名のみなさんに参加いただきました。二人と浜川ゆりこ予定候補があいさつ、私から国政、町政で輝く党の値打ちを語らせていただきました。参議院選挙の前哨戦、「二議席への前進で、冷たい姿勢からあたたかい町政へ転換させましょう」。
e0255020_22311098.jpg
 
 参議院選挙投票日までちょうど3ヶ月、なにがなんでも勝ち抜こうと、今日「参議院選挙勝利めざす 全県活動者会議」が開催され、県下隅々から150名を越える党員のみなさんが参加、6中総にもとづくとけ込みむすびつく努力、党員や読者拡大の経験、党員拡大が支部に活力を与え支部が変わっている経験、楽しい後援会活動の経験、崩れていた支部を立て直し元気に活動している経験など、珠玉の経験が次々交流されました。私も思わず発言のなかで「わくわく、おもしろい選挙になりそう、勝てる条件が充ち満ちている」。

 続いて一宮薊野支部の新入党者歓迎会へ。Yさんがこのたび入党してくれ、みんなでお祝い。自らの入党の経験が出されあたたかい雰囲気に包まれました。
e0255020_22323638.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2013-04-21 22:33
2013年 04月 20日
 イタドリ、他県ではあまり食用には使われませんよね。ところが高知ではおいしくいただくのは常識。居酒屋の突き出しにもよく出ます。実においしいんです。今日オフを利用して妻と義母で秘密の場所へイタドリ取りへ。秘密というほどではないですね。どこにでもはえてますもんね。たっぷりとらせていただきました。いま妻がせっせと皮を剥いています。
e0255020_2056164.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2013-04-20 20:57