旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
<   2012年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2012年 05月 31日
 午前は下本ふみお市議と、午後は潮江南支部のN支部長、ある職場支部のSさんと三ラウンドであいさつ回りと読者の拡大行動。4名の方が新しい読者になってくださったのですが、行く先々で長ーい話になります。

 下島町では区画整理事業が大きな話題に。戦火を逃れた同町、築30年以上の家が世帯の6割以上、ところが古い家ほど移転費用が減っていくのです。高齢者が多いこの町でいまからローンを組んで新しい家を建てることはむづかしい、でも補償は少ない、住民のみなさんの不安は大きく、「街づくりを考える会」もできて運動を始めています。

 愛宕山南町では「私は山原健二郎さんの家の近くに住んでいました」という方や、ボランティアで刀研ぎを手がけている方のお話も。刀を研ぐための砥石はなんと8種類もあるんだそう。一日4時間かけ、一ヶ月かけて研ぎあげるというお話にびっくり。

 南竹島で臨時の保育士さんが「首をきられたばかり。同じ仕事をしているのにどうして」とショックを受けたことを語ってくれました。別の方は「生活保護を受けている人でもパチンコばかりしている人がいる」との怒りも。私は「生活保護はくらしを支える最後のセーフティーネットです。これ以上引下げを許さないようにみんなが声を上げるべきです。保護世帯が増えるのは仕事がない、暮らしていけないという方が激増しているから。政治を変えねば根本的な解決にはなりませんよね。そのうえで不正な受給などがあればきちんとやめさせることが必要ですね」とお応えしました。
[PR]
by haruna-naoaki | 2012-05-31 23:26
2012年 05月 30日
 米田みのる県議、細木りょう市議とともに街頭宣伝。田辺島では農作業中のご夫婦が大きく手を振って声援をくださり、大津北浦地区では1歳のお子さんを連れた家族連れらしい4人がにっこり微笑んでくださり、高須三丁目ではウォーターの差しいれも。
e0255020_2391546.jpg

 2時から一宮薊野支部、3時30分から江陽支部のみなさんとあいさつ回りと読者拡大。4名の読者がふえましたが、みんなが消費税増税を競い合う民主・自民の情けない姿に怒りを広げていて、対話が弾んで弾んで楽しいひと時でした。下は訪問したお宅の庭先で咲いていたアジサイをパチリ。
e0255020_23115340.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2012-05-30 23:11
2012年 05月 29日
 上町二丁目で久しぶりの早朝宣伝。このところ雨でずいぶん間があいてしまいましたが、通学する子どもたちはしっかり覚えてくれていました。もちろんドライバーからの声援も結構ありましたよ。
e0255020_2251751.jpg

 午前常任委員会、先日の全国活動者会議の中身を話し合い、必ず目標をやり遂げようと決意を固めました。

 曙支部の林支部長、Nさん、一宮東支部のYさんとあいさつ回り。ある後援会員さんと久しぶりにお会いできて話が弾んだんですが、なんとこの方その場で入党を決意してくれました。下は訪問先で美しく咲いていたスイレン。
e0255020_225134100.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2012-05-29 22:41
2012年 05月 27日
 午前、町内の自主防災会の役員会。南海地震に備えに余念がありません。今年の一番の課題は防災倉庫の設置。「ここがいいのでは」と現地を見ながら知恵を出し合っています。

 午後須崎市で宮本たけし衆議院議員を迎えた演説会。笹岡まさる比例候補、橋元陽一三区候補とともに私も96年初当選時にお世話になった須崎での開催ということもあり、参加して三分の決意表明。
e0255020_22345536.jpg

 宮本さんは98年参議院選挙で大阪選挙区から初当選、私と同じく総務委員会に所属し同じ部会でがんばってきた盟友です。大阪維新の会の反動的な策動を厳しく批判、「子どもと国民を守るために、二大政党にも維新の会にも負けるわけにはいきません。なんとしても共産党の議席を四国から誕生させてください」と気迫を込めて語りました。
e0255020_22351520.jpg

 また「税と社会保障の一体改革」特別委員で理事会に参加している宮本さん、自民・民主の馴れ合い、国民不在の姿を生々しく暴露。自民「消費税増税はもともと自民がいってきたことだ。民主に協力してもらいたいなら最低保障年金制度の中止、後期高齢者医療制度廃止の撤回、年金一元化の撤回を。そして自民党案を丸呑みせよ」と迫っているというのです。まさに国民不在の足の引っ張り合い。こんな勢力に負けるわけにはいきません。
e0255020_22363566.jpg

 3時30分、会場を後にして高知市へ。地区活動者会議へ。候補者発表以来の活動と全国活動者会議に参加しての感想を述べ、必ず「特別期間」を成功させようと呼びかけました。
e0255020_22464769.jpg

 続いて鴨部後援会の交流会へ。会場のOさん宅は入りきれないほどの参加者で大盛り上がり。つかじさち県議も加わって大懐メロ大会へ。
e0255020_2248449.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2012-05-27 22:45
2012年 05月 26日
 午前江ノ口支部でつどい。はた愛市議も参加、市政の中で次々市民要求を実現してきた党市議団の値打ちをはたさんが紹介。生活相談でむすびついたある女性が四人の友人を連れてきてくれたのには驚きでした。おまけに日曜版もふえて万々歳です。

 続いて大津高須支部のK支部長とあいさつ回り。後援会員が8名もふえました。そして市職労の定期大会の懇親会へ。武内則男民主党参議院議員が「組織内候補」ということであいさつ。驚いたのは消費税もTPPも原発も一言もいわずじまいだったこと。一番国民が聞きたい大問題をふれることすらできない、本当に情けない事です。

 いごっそうリーグは早起き社会人野球リーグの一つ。半年に一回の理事会に出席。若い選手らと楽しく呑み明かしました。
[PR]
by haruna-naoaki | 2012-05-26 23:43
2012年 05月 26日
 24日、25日と総選挙勝利、「大運動」目標の総達成をめざす「全国活動者会議」に出席してきました。全国からあつまった県・地区の委員長さん、比例・選挙区の候補者など党本部の広い会場は600名の参加者で埋め尽くされ熱気ムンムン。下は四国の参加者一同で市田書記局長を囲んで。
e0255020_0422325.jpg

 志位委員長、この間全党が努力して情勢に働きかけてきた三つの内容を報告。「二大政党の崩壊の中、どんどん原発、消費税、TPPへの対案を提起してたたかってきたこと」、「切実な要求に基づく一点共闘を大きく広げてきたこと、「橋下維新の会などの反動的逆流と正面から対決してきてきたこと」。情勢を切り開く党の真骨頂発揮として聞きました。それを裏付ける発言もすばらしかった。
 写真は左から仁比参議院比例候補、藤野保史北信越ブロック比例候補、田村貴昭九州ブロック比例候補と。みんないい仕事してます。それが!(^0^)!ににじみ出ています。
e0255020_0451860.jpg

 そして会議の結論は、「党の自力をつけることなくして総選挙勝利なし」を合言葉に7月三十一日間までを党勢拡大目標総達成をめざす「特別期間」をやりとげること。高知の党は、400名を越える党員目標、500名の日刊紙読者、2000名近い日曜版読者をふやすことにチャレンジします。みんなで力をあわせて激変の情勢に働きかければ達成は可能、と腹を固めて高知に帰ってきました。
 写真は橋元陽一三区候補、笹岡まさる比例候補、私。うーん、三人とも色が黒いにゃあ。
e0255020_0511632.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2012-05-26 00:52
2012年 05月 23日
 生健会の理事会に出席しました。会長は彼末明さん、事務局長は下本ふみお市議、次長が塩冶一彦さん。高知市の生健会はつい数年前は崩壊状態でしたが、この間塩冶さんを中心にした生活相談のなかで次々と会員がふえ、現在70名あまりの会員さんと100名の読者をかかえる組織へと前進してきました。
e0255020_22371838.jpg

 今日は生活保護行政をめぐって生活福祉課の職員と意見交換、これからの運動を相談しました。そのまえに定例の生活相談。DV問題の相談に応じました。

 午前、さこ前市議と下知地域で街頭宣伝。丸池町で演説していると一人の男性が効いてくれました。「ちょっと、ちょっと」よ呼ばれるので話にいくとその方町内会長さん。「相談がある。近くの公園の草刈を市がちゃんとやってほしい」と。さっそく細木市議に連絡し7月に実施する事を約束させることができました。
e0255020_2241872.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2012-05-23 22:41
2012年 05月 22日
 今日は佐々木憲昭衆議院議員が質問に立って、消費税増税にまったく道理がないことを明らかにしてくれました。テレビの特集でも消費税は増税するが大企業には減税する、不公平極まりない」と追及している場面が。そして「国際競争力をつけるため」と言い逃れする財務大臣の答弁にたいし「財界の言い分そのものだ」とぴしゃり。根本問題をずばり突き、だからこそ対案を示せる、ここに共産党の値打ちがあります。
e0255020_23371098.jpg

 早朝宣伝は能茶山でつかじさち県議、さこ哲郎元市議とともに(上の写真)。続いて火曜市宣伝へ(下の写真)。こちらははた愛市議、こうちまち後援会のみなさんと。午後潮江南支部のみなさんとあいさつ回りと署名のお願い。国会での党議員団の奮闘に呼応してがんばりました。
e0255020_2340220.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2012-05-22 23:39
2012年 05月 22日
 高知労働局の職業安定部長、職業対策課長などとハローワークの地方移管問題で懇談させていただきました。こちらはつかじさち、吉良富彦県議、細木りょう市議、そして私です。
e0255020_043887.jpg

 政府は「地方主権改革」の名前で国の役割を外交・防衛に特化し、医療や雇用問題などはすべて地方にやらせようという方向を強めています。その一環として国の機関である国土交通省の地方整備局やハローワークなどを廃止したり、地方に移管したりということが狙われています。

 先方から「ハローワークや雇用保険の事業は全国で格差があってはなりません。国が責任を持って実施するものと考えている」と発言。まさにそのとおりです。

 3時から「山原健二郎友の会第七回総会」へ。笹岡比例候補も参加。山原資料室の運営を支え、その業績を後世に伝え、政治の革新をめざして奮闘している仲間がつどい、今後の運営方針を決めました。
e0255020_0494641.jpg

  
[PR]
by haruna-naoaki | 2012-05-22 00:41
2012年 05月 20日
 「伊方原発をとめる高知県の会」の結成総会。なぜ伊方原発の再稼動が許されないか。

 福島第一原発事故では「地震動によって原子炉の重要部分に破損が起こった疑い」が指摘されていますが、これは中央構造線の活断層帯が沖合約6キロにある伊方原発にとって重大問題です。内閣府の「南海トラフ巨大地震モデル検討会」に参画している高知大学の岡村眞教授は「連動型地震により中央構造線や内陸の活断層が活発化するのは当然で、一緒に議論するとの結論も出た。とくに愛媛は中央構造線と伊方原発を抱えている。南海トラフだけを考えていては不十分だろう」と述べておられ、佐田岬北側の想定津波高さの比較だけで楽観することはけっしてできません。
e0255020_2159432.jpg


 全国で唯一内海に面している伊方原発の苛酷事故は閉鎖性水域である瀬戸内海に甚大な被害を及ぼします。福島から太平洋に広がった汚染予想図を伊方に重ねれば、まさに西日本全域に被害が及ぶと見るべきでしょう。ストレステストも、急仕立ての新規準も再稼動をすすめるための道具に過ぎません。そして真に独立した規制機関の設置という民主党政権の方針も実施されていません。ないないづくしで再稼動なんてとんでもないことです。

 愛媛県でいち早く結成された「伊方をとめる会」に呼応し、地元である高知でもこれに呼応して、伊方の再稼動を絶対に許さぬこと、伊方原発を廃炉にすることを重点においた組織をつくるべきと議論を重ね、本日結成にこぎつけました。記念講演では和田つかさ伊方原発差し止め訴訟団事務局長がとりまく情勢を報告してくださり、世話人などを選出しました。

 当面愛媛県庁を包囲する四国総行動(6月10日)に高知からバス6台でつめかけることを確認しました。

 今日はいつもと違って9時30分から日曜市。いまいち調子が出ませんでしたが人出はお昼前より多かったので懸命に訴え。午前つかじ県議、さこ前市議と朝倉方面で街頭演説。
e0255020_225646.jpg
 
[PR]
by haruna-naoaki | 2012-05-20 21:59