旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
<   2011年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧
2011年 12月 31日
 大晦日恒例世界と日本の今年の五大ニュースです。

①3・11は決して忘れない。「絆」あふれる新しい日本へ
 1000年に一度といわれる東日本大震災。幾多の尊い命が奪われ、いまもなお苦しみは続いています。決して忘れることはできません。日本全国が、世界が、涙し救援の手を差し伸べ、いまも続いています。復興にはまだまだ長い年月がかかります。政治はもっと早くもっと被災者の生活に寄り添ってほしいと思います。震災・原発事故は新しい日本社会をつくる機運を広げました。分断を乗り越えた新しい絆社会を来年こそ。

②ウソで固められた原発はなくすしかない 
 原発事故の恐ろしさをまざまざと見せつけられた一年でした。そして原発をなくす大きな国民的な共同が広がった一年でもありました。9月16日には6万人もの国民が明治公園にあつまりました。九州でも1万5000人、オール福島がつどった福島集会には1万人などなど。高知でも新しい共同が広がり、自然エネルギーに転換しようという大きな流れが生まれています。
 この動きを決して一過性にしてはならないと思います。現在稼動中の原発は54基中10基以下、原発のない社会がすぐ手の届くところまできています。

③全米で、全世界で広がる「俺たちは99%だ」
 三年前のリーマンショックに端を発した世界金融危機。根底には過剰生産恐慌が横たわっていましたが、その克服の鍵、勤労者の雇用確保、賃金アップ、内需拡大の政策を実施せず、金融的対応に終始した諸国では格差と貧困が一層広がってしまいました。その典型の国アメリカで、しかも金融の中枢のウォール街で「俺たちは99%だ」「1%の冨を社会に還元せよ」というスローガンで運動が広がり、それはまたたくまに全世界に広がりました。2012年には、世界を動かす大きな潮流になるでしょう。

④早くも瓦解状態の野田政権―民自公では政治は変わらない
 自公政権を変えたいとの大きなうねりで2年前に誕生した民主党政権。ところがこの2年で鳩山、菅、野田と早くも三代目の政権に。しかも変わるたびに政治の中身がお粗末になり、国民の願いからかけ離れていく。公約違反をくりかえす野田政権に愛想をつかし、自らの保身のためにのみ新しい党をつくろうとする醜い国会議員の姿。もう見飽きました。
 政治のゆきづまりの根底にあるアメリカいいなり、財界いいなりをほんとうにたださないと日本は沈没します。共産党が大躍進すれば希望ある日本が必ず見えてきます。来年をそんな一年に。

⑤TPP阻止へかつてない共同の輪―日本農業と地域経済を守ろう
 突如浮上したTPP。日本社会をすべてアメリカの配下においてしまい、日本が日本でなくなってしまう、農業も漁業も林業も、医療も雇用も公共事業も郵政もなにもかもずたずたになる。驚くべきTPPは絶対に許してはなりません。全国でも高知でもJA、漁協、森連などとのかつてない共同が広がりました。「瑞穂の国を荒野の国にさせない」ー私たちの強い決意です。

 生まれ始めた新しい政治への胎動をほんものにするため、来年またいっしょにがんばりましょう。どうぞよいお年を!
[PR]
by haruna-naoaki | 2011-12-31 21:36 | Comments(0)
2011年 12月 30日
 毎年12月30日と大晦日に我が家と日本の五大ニュースをお送りしています。独断と偏見で選んだものですからあしからず。まずは我が家の5大ニュースより。

①長男-なんとか就職し社会人に
 関西の大学にかよっていた長男悟志、時代が時代だけに就職できるかどうか超心配でしたが、なんとか金融系の会社に就職できました。ところがものすごく厳しいらしくて、同期に入った新入社員がもう60人も退職したというのです。長男も社会の荒波にさらされているようですが、いまのところなんとかがんばってる模様。いつまでたっても親は子どもへの心配は尽きませんね。

②二男-3年生になりバイトに明け暮れる
 徳島の大学に通う二男亮祐。彼は大学を卒業した後にもう一度ある専門学校に行きたいという夢を持っています。父母と話し合い、「大学を出て自分の力でがんばるんなら」といってあるんです。そこで在学中に懸命にバイトして学費を貯めることに。でも時給680円ですからいったい学費はたまるのでしょうか。

③長女-新婚生活、仕事も苦労しながら何とかやっている模様
 長女は昨年3月に披露宴をおこない、坂出の夫の家で暮らしていますが、今年はおじいちゃんが亡くなったり、夫さんが仕事を変わるなど、波乱の一年だったと思います。とにかく仲良く生きがいをもってがんばってくれたらいいなと思っています。まだおじいちゃんと呼ばれなくてもいいので…。

④妻-新婦人のお仕事にがんばる、今年は全国大会でした
 妻は一家の大黒柱、といっても3人の子どもは全員県外、愛犬ナナちゃんも昨年亡くなってしまい、相手になるのは私だけ。ちょっと寂しいかも…。でも新婦人では副会長として、他のメンバーとともに運動と組織を支えてがんばっているようです。今年は秋に全国大会もあって大忙しでした。旅行とか連れて行ってあげないと、と心では思っているのですが。

⑤私-震災・原発対応、赤旗まつり、そして一区候補へ
 今年も忙しく走り回った一年だった私。3月に起こった震災・原発事故の対応に追われ、5月には私もボランティアに参加してきました。8月には700名があつまってくれた「自然エネルギーへの転換を考えるつどい」も成功、10月末には12年ぶりに赤旗まつりをやって大成功させることができました。そして12月次期衆議院高知一区の候補者に決意。
 個人的にはダイエットが成功しないのが情けない。最近ようやく週2日の休肝日をもうけて若干やせ気味に。しかし正月休みで元の木阿弥になるのでは……。
[PR]
by haruna-naoaki | 2011-12-30 18:53 | Comments(0)
2011年 12月 29日
 あいさつ周りを続けていますが、いく先々で「民主にあきれた。裏切られた」の怒りの声が聞こえてきます。ある方は「マニュフェストを全部破った。これほどの裏切りはないわよ」。別の方は「消費税10%なんてなに考えているの。頭がどうかしてる」。別の方は「中止するといって実行する、これは公約破りなんていう生易しいものじゃない。正反対の裏切り行為だ」。

 今日の民主党の会合では、消費税10%を14年の4月から8%で決着したとか。国民をバカにするな!私は絶対許さん。必ず一区で勝ち抜いて国民のくらしを守ってみせる!

 怒りの行動でこの間50人を越える方に「しんぶん赤旗」読者になっていただきました。もっとがんばらなくちゃ。
[PR]
by haruna-naoaki | 2011-12-29 01:21 | Comments(0)
2011年 12月 28日
 22日の一区候補者発表から6日、「テレビに出てましたね」「新聞で見ましたよ」と多くの方に声をかけられます。そのたびに「今度こそ」と身が引きしまっています。

 夜塚ノ原支部の望年会。「四国比例の議席獲得は重要。しかし一区で勝てるような選挙にしないと四国もない。がんばらんと」「もっと馬力をつけて勝ちたい」と盛り上がり。

 午後横内支部との行動では「がんばってください」「さっそくあいさつに来ていただいてすいません」と二人が読者に。

 その後は江ノ口支部との行動。ここでも「消費税増税はどうしても困る」と怒って2人が購読、いずれも新しい読者の方です。

 せわしい年の瀬ですが、しっかり読者でも党員でも前進して勢いをつけて今年を締めくくりたいです。
[PR]
by haruna-naoaki | 2011-12-28 00:15 | Comments(0)
2011年 12月 27日
 平和運動センター、平和委員会をはじめ21団体で構成する「さよなら原発集会実行委員会」。ここを母体にいまさらに大きな県民的共同を広げよう、「原発をなくし自然エネルギーに転換する高知県民連絡会」(仮称)を結成しようと準備がすすんでいます。その準備会が今日高知県と四国電力に原発廃止、とくに伊方原発廃炉を求める緊急要請をおこないました。写真は四国電力高知支社への申し入れの様子。
e0255020_0104963.jpg

 高知県には、5番目の株主として四国電力に伊方廃炉を要求することや愛媛県が結んでいる安全協定を高知県としても結ぶこと、放射能ガレキの受け入れはしないことなどを求めました。
 四国電力にも伊方廃炉を決断することや核燃サイクルの廃止、情報の全面公開などを強く要望しました。驚いたのは四電。とおされた6階の部屋はがらんとしていて椅子もないんです。ここで要望を受け付けるという横柄な態度。驚いた一行は「椅子ぐらい準備したらどうですか」と抗議。21団体の代表といえば県民全体を網羅するほどの構成員になるのです。県民をバカにする傲慢な態度は許されませんね。
e0255020_0201828.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2011-12-27 00:10 | Comments(0)
2011年 12月 25日
 朝10時から朝倉後援会のお餅つき、バザーへ。会場にはつかじさち県議、林てる子前市議も。おいしいコーヒーや大根、白菜、古本などいろんなお店も。わいわいにぎやかなお祭りです。
e0255020_23164665.jpg

 続いて福井後援会の事務所“ゆう”へ。ここでも毎年恒例のお餅つきと「9条の会福井」のみなさんのバザー。あん餅、おろし餅、ぜんざいをいただき大満足。下本市議、島崎くんと気合いをいれてぺったん。
e0255020_23185984.jpg

 11時30分から今年最後の日曜市。吉良富彦県議と。ずいぶん声援が多かったように思います。「来年こそみなさんにとって良い年となりますように。そのためにともに力を合わせましょう」。いいしめくくりでした。
e0255020_23204236.jpg

 お餅つきの最後は12時過ぎに駆けつけたうし潮江後援会の「がらくた市」。この行事が一番歴史が古いのではないでしょうか。江口よし子市議、中根さち県議もあいさつ。青年時代からの友人Hさんと意気のあった餅つき。でもやっぱり私はへっぴり腰。
e0255020_23274116.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2011-12-25 23:27 | Comments(0)
2011年 12月 24日
 高知県労連などの団体が実行委員会をつくって三年前から始めた「くらしあったか村」。今日もグリーンロードで11時から3時まで開村。法律、労働、年金、生活、登記、健康などあらゆる相談を専門スタッフをそろえて対応しました。
e0255020_21531887.jpg

 途中、12時15分から消費税増税反対の宣伝、署名。なくす会、消費税廃止各界連の定例行動ですが、この24日は22年前に消費税法案が国会で強行された日ですから忘れることはできません。新婦人のみなさんのみなさんはサンタのいでたちでアピール。85筆の署名が寄せられました。
e0255020_21552661.jpg

 午後一宮東支部会議で一区立候補の決意表明、4時から一宮薊野支部のY支部長、Tさんと行動し4名の読者拡大。夕方青年支部の忘年会。寒さが増す中、駆け抜けました。
e0255020_2155492.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2011-12-24 21:48 | Comments(0)
2011年 12月 23日
 毎年この時期各後援会がさまざまな行事を行ないます。今日はそのトップをきって一宮薊野支部を中心にした北東地域の「ふれあい祭り」。薊野の事務所まえには餅つき用の杵と臼、バザーの品々やお惣菜、お持ちを丸め販売するためのテントなどがところ狭しと並びました。岡田やすし市議があいさつ、私も一区での立候補の決意表明。写真は岡田さんと私。ヤッパリ私へっぴり腰です。
e0255020_21462086.jpg

 午後は高知市南部の港南地域での4中総報告会。討論の中では「お話を聞いて96年の総選挙で山原さん、春名さんを当選させたときのことを思い出した。がんばる勇気がわいてきた」「2年前の選挙では支持を訴えれば訴えるほど民主党に流れた。いま民主党に期待する人はいないし、県議や市議とあるいていると原発や消費税で変化が起こっていると感じる」などの積極的な発言がだされました。写真はいつも私の選挙で宣伝カーの運転手をしてくださるIさんとそのお孫さんのほほえましい餅つき風景。
e0255020_21402670.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2011-12-23 21:40 | Comments(0)
2011年 12月 22日
 来年にも予想される総選挙、ふたたび高知一区に出馬する決意を固めました。今日記者会見をおこないました。そこで私が述べた決意、政策をそのまま紹介します。
e0255020_2302858.jpg

 ふたたび衆議院高知一区から立候補いたします春名なおあきです。よろしくお願いします。

 期待した民主党政権が看板倒れになってことごとく国民の期待を裏切っていること、さりとて自民党にいまさら戻るわけにはいかない、この思いを多数の県民、市民がもっておられるなかでの選挙です。「共産党にがんばってもらうしかない」との声をたくさんいただいてきました。私が立候補することで二大政党ではなく、新しい国民を守る、ゆきづまりを打開する道がある、この展望を大いに広げ、訴え、国民の合意にしていく決意です。

 また、前回総選挙後の二年間、参議院の候補を務め全県をめぐって県民の切実な声を聞いてきました。3年目を迎える生活相談所には多くの県民、市民が訪れくらしを支えるために微力ですががんばってきました。さらに3・11を受けて、私自身もいち早く福島県のボランティアにうかがうとともに、募金や物資をあつめる責任者として救援活動にとりくんできました。原発ゼロの新しい日本をめざし多くの県民のみなさんとともにたたかってきました。急浮上したTPP問題ではJA、森連をはじめ多くの団体をうかがいTPP阻止、地域経済を守れとの共同を広げるために活動してきました。

 こうした経験をすべて生かして、今度こそ県民、市民の願いを国政に届ける架け橋となってたたかい、必ずこの一区で議席を奪還し(もともと山原さんの議席)、四国ブロックで笹岡さんの議席を実現したい。そのなかで日本共産党の議席を大きく躍進させ、民主連合政府をきずく大きな一歩を踏み出していきたいと考えています。
e0255020_23164543.jpg

 当面の主な政策を述べます。

①TPPを絶対許さず、日本と高知県の基幹産業・農林漁業と地域経済を守り、再生する先頭にたってたたかう。
 
 県民の頭越しにTPPに参加しようとする民主党政権は断じて許せせん。農業だけでなく、あらゆる問題がアメリカのとおりに改悪されていきます。こんな道にけっして未来はありません。自民党は「拙速な加入はだめ」というだけで、断固反対の旗を掲げていません。自らが米自由化などをすすめてきた張本人だからでしょう。アメリカいいなりでなく、アジアの経済圏を重視し、憲法9条を生かした平和外交で、アジアの国々との提携を大いにすすめていく。アメリカとは対等・平等の関係樹立をめざす。これが日本がすすむ道だと確信しています。
 また、日本と高知の農業再生のためには、抜本的な価格保障、これ以上の輸入自由化に歯止めをかける、これしかありません。

②原発をなくし、自然エネルギーへの転換を求めるとともに、放射能汚染から国民と子どもも守り抜くなど、切実な要求で一致団結してがんばる。

 8月1日には700名の参加で原発ゼロ、自然エネルギーへの転換をもとめるつどいを開催しました。県新エネルギー推進課や全国の先進でもある梼原町の担当者の方も参加してくださり原発後を語り合いました。こうした共同をさらに大きく広げる先頭にたってがんばります。また国が期限をきった原発廃炉を決断するよう全力をあげます。高知を自然エネルギーのトップランナーとなるようにがんばりたい。
 また、南海地震対策に地域でとりくみをすすめるとともに国には耐震補助の拡大など、必要な対策を求めていきます。

③消費税10%への大増税を阻止し、財源を段階的に確保しながら社会保障の充実の道にふみだしていく。

 県民のみなさんとの対話を続けていますが、貧困、格差が大きく広がる中、とても消費税10%に耐えられる状態ではないと実感します。「10%になればお店をやめる」との声もたくさんいただいています。経済を疲弊させ、なによりも県民の家計を押しつぶす消費税大増税を身体を張って食い止めたい。民自公の翼賛体制に立ち向かい、たたかかっていきます。
 同時に社会保障を充実させるために財源も大いに示してたたかいます。第一段階では歳出の無駄を徹底削減します。政党助成金、巨額の軍事費、原発関連費用、大型開発の無駄にメスをいれます。歳入では大儲けし内部留保を250兆円も溜め込んでいる大企業へのこれ以上の法人税の減税はまったく必要なくただちに中止します。
 第二に、欧米であたりまえになっているように富裕層、大企業への増税をしっかりおこなうことだ。負担能力に応じた税金という原則をしっかり打ち立てることによって、必要な財源を確保していきたいと思います。
 ①②③の方向は、地域の経済を活性化し、不況を打開し、くらしと雇用をふやし、税収もふやし財政再建をおこなうたしかな力になると確信しています。

 
④政治姿勢、政治家のありかたを問う

 最後に政党や政治家のあり方を正面から問うていきます。いま政治不信がきわみになっています。先の高知市長選挙でも投票率はわずか28%、大阪では「既成政党は全部だめ」という図式で叫んだ大阪市長が当選する事態となっています。
 私は政治不信はつとめて政党、政治家の側の責任と考えています。政治家のあり方として次の点を誠実に実行します。1、「公約、約束をまもりぬく」、2、「汚いカネに手をそめず清潔をつらぬく」3、「県民の声に耳を傾け、その利益を守るために私心なく働く」、このものさしで政党、政治家を見てほしいと思います。
 党をつくって来年で90年、一心不乱に「国民こそ主人公」という道をどんな困難なときにも歩んできた日本共産党の候補者だからこそ、県民のみなさんのこの信頼にこたえることができると信じています。
 
 みなさんのあたたかいご支援を心からお願いいたします。
                                          以上
 
[PR]
by haruna-naoaki | 2011-12-22 23:02 | Comments(0)
2011年 12月 21日
 21日夜徳島県海陽町に私はいた。四国ブロックの西森さんともに浅川のKさん宅におじゃました。徳島の友人と合流し、「カラオケスタジオ」〔仲間〕で歌い続けた。時間にして約6時間。声がかれるほど歌い交流した。マジメな話もどっさりやった。楽しい一日だった。Kさん、奥さんどうもありがとうございました。
e0255020_2257840.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2011-12-21 22:53 | Comments(0)