旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ:未分類( 946 )
2015年 03月 20日
朝労働者後援会のみなさんと志位質問の「長時間労働是正」リーフレットを配布し宣伝。労働後援会の田口会長、森永会員が演説。労働者のくらしと権利を守るために県議選で共産党の躍進を、と力強く訴え。リーフレットのうけとりはわりとよくて、関心の高さを感じます。
 続いて昼休みにはひろめ市場前で「原発をなくす高知県民連絡会」の定例金曜日宣伝行動へ。丸4年、毎週金曜日に同会は行動し続けています。今週は新婦人のみなさんと共産党の担当、まさに継続は力です。明日、開かれる「大島堅一氏(政府の原発コスト検証委員の一人)講演会」の案内チラシを配布しながらの訴えです。
e0255020_7524010.jpg

 そしてついいましがた終わったのが「消費税をなくす高知県の会」の世話人会。消費税10%を増税を許さない正念場、いっせい地方選挙で増税阻止の旗を掲げる共産党をはじめすべての候補者の議席をと意気高い議論。
 切実な要求を掲げたたたかいを大いに広げて安倍政権を包囲する、そして選挙で勝って安倍政権を包囲するー二重の包囲で政権打倒だ、オー(と、一人で盛り上がっている私でした)
[PR]
by haruna-naoaki | 2015-03-20 07:50 | Comments(0)
2015年 03月 15日
  志位和夫委員長の演説会、1500名の参加者でぎっしり満員。大成功で、県議7名、市町村議15名の全員当選へ意気上がりました。
 私も2分で決意表明。「戦争する国づくり許さない」「県民多数の声を国政に届ける議席を」と熱く訴えさせていただきました。
e0255020_1840434.jpg

 県議・候補の7名-つかじさち、米田みのる、吉良富彦、中根幸、岡本和也、橋元陽一、岡田芳秀-のみなさんの決意もすばらしかった。また後半戦の15名がずらり並ぶと壮観、下本ふみお高知市議が代表して決意。若手弁護士の南拓人さんもすてきなエールをおくってくれました。
 新しい仲間も3名、取り組みと合わせると6名の仲間も増えました。
 いよいよ安倍政権をノックアウトする力が増してきましたよ。
e0255020_1841193.jpg
e0255020_18415774.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-03-15 18:43 | Comments(0)
2015年 03月 14日
 参議院比例候補発表後の初仕事は「3・13重税反対統一行動 高知中央集会」での情勢学習の講師です。40分の時間をいただいて「アベノミクスと消費税増税はなにをもたらしたか」「消費税増税の根拠は総崩れ」「消費税に代わる私たちの対案」「大企業優先政治の背景に政治とカネ」「憲法改悪・戦争する国づくりを許さない」「安倍政権はもろい三つの理由」「中小業者の願い届く県政を」「民商のかけがえのない魅力」を語らせていただきました。
 このあと320名の参加者は高知税務署に向けてデモ行進。「消費税増税反対」「生活費に税金をかけるな」とのシュプレヒコールがこだましました。
e0255020_13191182.jpg

e0255020_13193526.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-03-14 13:20 | Comments(0)
2015年 03月 12日
 本日、来年7月の参議院選挙の比例代表候補の一人として発表され、高知県でも佐竹峰雄県委員長とともに記者会見させていただきました。
 私、国政選挙は10回目、昨年12月の衆議院選挙からわずか3か月、新鮮に、そして初心に戻ってたたかい抜く決意です。
 なによりも安倍政権の暴走に体を張ってストップをかけ、政治の転換をめざします。また、高知県でいえば、県民多数の願いを受け止めてがんばる国会議員が一人もいません。原発再稼働反対、戦争する国づくりノー、TPP反対、消費税増税やめてーこの圧倒的多数の声を、国会に届ける懸け橋としてたたかいぬきます。
 活動エリアは、四国と中国の予定です。岡山は私の生まれ故郷ですし、四国の仲間とはともにたたかってきた間柄です。2007年の参議院選挙でもずいぶんお世話になりました。真摯に、誠実に、かつ情熱的にがんばりたいと思います。
 どうぞみなさん、よろしくお願いいたします。
e0255020_20152439.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-03-12 20:16 | Comments(0)
2015年 03月 12日
 本日は東日本大震災から4周年のメモリアルデー。昼休み、ひろめ市場前で原発ゼロと被災者救援の定例宣伝署名。佐竹県委員長、つかじ県議、浜川常任、迫市議候補らとともに。夜、丸の内緑地公園でメモリアルキャンドル。マスコミもたくさん取材に訪れていました。
e0255020_061669.jpg

e0255020_063225.jpg

 4年たっても23万人もの避難生活、震災関連死が増え続けています。東電は賠償を打ち切ろうと不届きな姿勢を続け、国は被災者を差別し、支援制度を次々打ち切っています。この国のあり方が鋭く問われた大震災、そしてこの国の国民の連帯の深さを強く感じた大震災でもありました。私たちはこれからも一貫して支援を続けていきます。
e0255020_064446.jpg

e0255020_07011.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-03-12 00:07 | Comments(0)
2015年 03月 08日
  今日は国際女性デー&山原健二郎故衆議院議員の命日。
 かるぽーと前広場につどった輝く女性のみなさんに混じって男性の私も男女共同参画、女性差別撤廃を掲げてパレードに参加。つかじさち県議、中根さち県議、浜口かず子市議候補も元気に歩きました。
e0255020_23412476.jpg

e0255020_2341406.jpg

 山原さんのお墓への墓参から山原資料館友の会総会と南炎忌へ。山原さんがご健在だったら、憲法を壊し暴走する安倍政権を一喝していることでしょう。魂と志を受けついでたたかいます。
e0255020_23415675.jpg

e0255020_2342964.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-03-08 23:42 | Comments(0)
2015年 03月 05日
3日、連合高知の事務局長に志位質問をお届けしました。「今春闘の一番の焦点、じっくり読ませてもらいます」と。3月下旬には新基地建設許さぬたたかいで先頭にたち、沖縄での共同を大いに広げておられる沖縄の連合会長も高知にやってきてたたかいの報告をしてくれます。労働戦線で一致点にもとづく行動の統一をいっそう広げていく条件が広がっています。
 5日、志位演説会実行委員会。私が実行委員長、会場下見、警察との打ち合わせ、プログラム策定、参加組織に宣伝、案内と準備におおわらわです。壇上で語るのも緊張しますが、成功に責任を持つ縁の下の力持ちの役柄は、もっと緊張しますしたいへんです。いままで候補者活動を支えていただいてきた機関幹部、党員のみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。なにがなんでも成功させて、7名の県議団確立の号砲を鳴らさねば・・・・。
[PR]
by haruna-naoaki | 2015-03-05 00:05 | Comments(0)
2015年 03月 03日
 一昨日南国市、昨日徳島で演説会を終えた仁比議員と再び合流、笹岡まさる四国ブロック事務所長とともに高知県漁連をお訪ねしました。懇談テーマは土佐沖に設置されている「リマ海域」撤去&漁業補償問題。松沢専務から漁協のとりくみを詳しくお聞きしました。最近ではこの海域隣接地帯が高級魚キンメダイの宝庫らしいことがわかってきました。補償金額も勝手な計算式で値切られていることもわかってきました。こんな有害な演習場は撤去以外にありません。
e0255020_0105050.jpg

 午後3月県議会を傍聴。つかじさち県議団長がTPP、農協改革、米軍機低空飛行訓練、中学校までの医療費無料化、学校統廃合、児童相談所の体制、介護保険など、切実で緊急な県民的関心事、県民的要求を突きつけました。みごとな質問でした。傍聴席がいっぱいになったのもうれしいことでした。
e0255020_0113075.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-03-03 00:11 | Comments(0)
2015年 02月 28日
 南国市で仁比そうへい参議院議員を迎えた演説会に120名。岡田芳秀候補の必勝へ大きな号砲が鳴りました。仁比さん、大きくなった国会議員団の活躍と安倍政権を追いつける役割を力説、「中谷防衛大臣の地元で自民党独占を打ち破って岡田さんが当選する気音が憲法を守り、戦争勢力に大きな衝撃をあたえる殊になる」と訴え。岡田候補も「農協解体、TPPにひた走り、南国市の農業を壊す勢力に負けるわけにはいかない」と決意を述べ、大きな拍手に包まれました。
e0255020_10322482.jpg

e0255020_10325167.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-02-28 10:29 | Comments(0)
2015年 02月 27日
高知税務署との交渉。業者のみなさんの切実な要望をぶつけました。①税務運営方針を順守し、反面調査は納税者の承諾なしには行わない、②立会人を理由とした無予告調査は行わない、③納税者の些細な認識不足を口実に調査年限を5年、7年と伸ばすことをやめること、④調査時の資料持ち帰りの適用は真にやむを得ない場合に限り、納税者の同意を原則とすること、⑤強権的な売掛金や財産の差し押さえはやめること、など。
 毎年3・13重税反対統一行動の前に民主的な税務行政を要求してやっていますが、例によって写真撮影はご法度、参加人員も10名と制限されるなど、国民、県民に開かれてない税務行政には閉口です。
[PR]
by haruna-naoaki | 2015-02-27 21:48 | Comments(0)