旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
2015年 08月 16日
故郷に帰っても「平和の夏」一色、父の墓前にも平和を誓う
 12日から故郷美作市梶並に帰省。お盆の墓参りです。が・・・。
 12日夜は、故郷で結成していただいた「春名なおあきを励ます会」のみなさんが、毎年恒例の作東町・谷口みちこさん宅での懇親会を開いてくださいました。雨にも負けず、母屋と離れの間の屋根付きの場所で執念のバーベキューパーティー。歌声で大いに盛り上がりました。
 13日2時からは「励ます会」のみなさんが「平和のつどい」を開いてくださいました。お盆にも関わらず、突然の大雨にもかかわらず、45名ものみなさんに参加いただき大感激。母も帰省中の妻も、次男も参加し一言。恥ずかしいやらうれしいやら。高校の先輩、後輩、恩師の先生もたくさんあつまってくださいました。ありがとうございました。
 15日11時から津山市内で終戦記念日の街頭演説へ。みいみみち子、中村聖二郎両津山市議、無所属市議の方も参加、幅広い方々が参加してリレートーク。私は15日発表された安倍談話を批判。「侵略もおわびも自分の言葉で語らず、日露戦争を美化、なんという逆流でしょうか」「戦後70年の節目の年に戦争法案なんて断じて許さない」と強く訴えました。
 16日は「戦争はイケン 平和をつなぐ瀬戸内市民大集会」へ。故郷からの帰りにおじゃまして党を代表してごあいさつさせていただきました。民主党の津村啓介衆議院議員も参加され、国会情勢を報告、「対案をだせと自民は言うが、憲法9条こそ対案だと考えている」との発言に大きな拍手が起きました。瀬戸内市は島津ゆきえ、厚東あきおの若手両市議が運動をリード、集会の成功にも貢献、参加者は250名超。すごい盛り上がりでした。
 まさに「平和の夏」一色の今年の帰省でしたが、実に充実していました。もちろん、父の墓前にも「お父さんを死の直前まで苦しめた戦争を二度と起こさないように、いまがんばっているからね」と祈りを捧げました。
e0255020_1523242.jpg

e0255020_15234093.jpg
e0255020_1523578.jpg
e0255020_15241254.jpg
e0255020_15243359.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-08-16 15:28 | Comments(0)