旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
2015年 07月 14日
JA前中央会副会長・JA三次組合長と懇談
 候補者発表以来初めて、広島県北の中心都市ー三次市にやってきました。
 須山敏夫三次市議・県北地区委員長、小浜一輝書記長とまず向かったのは三和町にお住いのJA三次代表理事組合長で前JA中央会副会長の村上光雄さん宅。3月2日の農民連機関紙「農民」に農協改革の狙い、TPPの誤りをズバリ答えるすばらしいインタビューが掲載され、ぜひ一度お会いしたいと思っていました。
e0255020_23182451.jpg

 予想通りすばらしいお話が聞けました。かいつまんでいうと、①農協改革は農家や現場からの声ではなく、安倍政権が勝手に自主性を阻害してすすめてきたもの、②規制改革会議のメンバーは農協への批判を持つ人をあつめ好き勝手にいわせたもの、③農業の厳しさをすべて農協に押し付けている、農政の責任はどうなのか、④改革は日本とアメリカの多国籍企業のもうけだけを最優先にしたもの、⑤ISD条項など、TPPは農林漁業はもとより、国と地域そのものを壊す暴挙、⑥三次の第一次産業の販売価格は70億円(1990年)から30億円へ、この深刻な農業不振を打開することこそ一番の政治の仕事、⑦戦争法案については、米軍と自衛隊の軍事行動が世界で展開されることになる。そうすると「日本は敵国」とみなされ、すべての国民がテロの標的になる。たいへんな問題だ。―すばらしい見識だと感激してお聞きしました。
e0255020_23292492.jpg

 続いて三次市の市街地で街頭演説。戦争法案阻止へ風雲急を告げる国会情勢を報告、「ストップへ力を合わせましょう」と訴え。
e0255020_23302812.jpg

 夜、「戦争法案と日本共産党を語るつどい」へ。
 三次市議会は13対12で戦争法案廃案の意見書を可決、隣の庄原市も可決したとのことです。
 「明日与党は委員会で強行採決の構えです。しかしたたかいは終わりません。それどころかますます盛り上がるでしょう。強行があらたな矛盾を広げ、安倍政権の瓦解が始まるでしょう。政治を決めるのは主権者の声です。いっそう大きな世論をつくり、採決強行を許すな、参議院での廃案を、とたたかい抜きましょう」と呼びかけました。そのなかで50代の男性が入党、がんばった甲斐がありました。
e0255020_2339488.jpg

e0255020_2340060.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2015-07-14 23:43 | 活動日記 | Comments(0)