旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
2015年 06月 15日
戦争法案は違憲ー衆院憲法審査会、高知で地方公聴会
 衆議院憲法審査会の地方公聴会が高知市の日航ホテルで開催されました。傍聴席で見ていた私、なつかしい気分になりました。実は現職時代の7年間はほとんど憲法調査会(審査会の前身)に所属し、7箇所の地方公聴会に派遣委員として参加してきたのです。
 6人の陳述人のみなさんがそれぞれの見解を陳述。戦争法案について5名のみなさんが「違憲」と発言。時事通信は「先の憲法審査会で参考人の憲法学者3人が『違憲』と明言したのに続き、安保法案への反対論が示されたことで今後の審議に影響しそうだ」と報じました。
 大平喜信衆議院議員が派遣委員として来高し、「日本共産党は国民がのぞんでもいない改憲をすすめるために、審査会を開催することそのものに反対です」と党の姿勢をズバリと述べ、各陳述人に憲法の値打ちについて質問しました。
 陳述人のお一人、自治労連の筒井委員長は「海外での軍事活動を可能にする。地球上どこへでも自衛隊が派遣される」と批判、「安保法案は憲法の枠を越えている」と陳述。岡田健一郎高知大学准教授は「昨年7月の閣議決定による集団的自衛権の容認は違憲といわざるをえない」と批判しました。
 今までの地方公聴会もそうであったように、今回も、国会内での改憲勢力の多さに反比例して憲法を守り生かす意見が多数でした。これは国民の率直な世論を反映していると実感しました。
e0255020_23113644.jpg

 
[PR]
by haruna-naoaki | 2015-06-15 23:15 | 活動日記 | Comments(0)