旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
2013年 12月 01日
「NO NUKES えひめ」に8000名、高知からも600名! 
 12月1日、「NO NUKES えひめ~福島を忘れない 伊方を稼動させない」に愛媛県下から、四国各地から、日本全国から8000名が参加、高知からもバス10数台とマイカーなどで600名を超える大代表団が参加しました。興奮、感動さめやらぬままこの記事をしたためています。
e0255020_21273795.jpg

 愛媛でこんな規模の集会が開かれるのは近年なかったことではないでしょうか。原発ゼロ、伊方再稼動反対の一点での共同の威力が示されたすごい集会です。
e0255020_21335843.jpg

 高知のとりくみもすごかった。「原発をなくす高知県民連絡会」が集会参加を呼びかけると、ぐんぐん反応が広がりました。伊方は人事じゃない、自分たち自身の問題だ、と学び、行動する多くの県民の心を捉えました。とくに「愛媛で1万人の集会を開くのなら、高知からも最大限の貢献をしよう」と繰り返し話し合ってバスを10台確保しました。
e0255020_21373944.jpg

 すると「脱原発四万十行動」が3台、香北の医療生協が1台、民医連がマイクロ2台、コープ自然派が1台と次々バスが増えていきました。共産党も「しんぶん赤旗」で繰り返し折込を入れて参加を呼びかけ、組織の隅々に広げるように努力してきました。みんなの思いが結集したとりくみとなりました。
e0255020_21402554.jpg

 中央ステージでは、ミサオレッドウルフ(首都圏反原発連合)、笠井亮(共産党衆議院議員)、秋山豊寛(宇宙飛行士)、鎌田慧(ジャーナリスト)をはじめ多彩なゲストがスピーチ。原発ゼロへの熱い思いが参加者の心を打ちました。
e0255020_21513638.jpg

 途中の大雨もなんのその、私もずぶぬれになってしまいましたが、心は熱く燃えっぱなしでした。「伊方再稼動なんてありえない、原発ゼロへ」―後世に語り継がれる歴史的な集会となりました。
[PR]
by haruna-naoaki | 2013-12-01 21:55 | Comments(0)