旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
2013年 05月 26日
全生連会長、徳島生健会事務局長を迎え生活保護改悪ストップの学習会
 生活保護制度の改悪が風雲急を告げています。
 自公政権が国会に提出した内容は、「申請を無条件に受け入れるのではなく、さまざまな書類を書かせて申請そのものをやらせない」「扶養親族のてってい調査」といういわゆる「水際作戦」を強化するもの。いまでも生活保護を受ける必要がある水準の収入しかないのに、受けていない国民が800万人も存在しているという異常な国になっているのに。憲法25条の否定、弱者を骨の髄まで苦しめる安倍政権許すまじ。
e0255020_23503142.jpg

 安形会長は高知県生まれ、朝倉・九反田で幼少期を過ごしたそうです。生活保護制度のそもそも論がよくわかるいいお話でした。また竹田節夫徳島生健会事務局長は、会員の切実な要求に基づく活動、班活動、みんなで役割と能力を発揮する運営など、大きく発展してきた徳島の生健会の活動の魅力と秘訣をやさしく語ってくださいました。活動のイメージがわいてきました。
e0255020_2354567.jpg

 徳島からは竹田さんをはじめ、5名のみなさんが大挙参加してくれ、学習会の成功に大きな役割を果たしてくれました。久しぶりの再開を喜び、じっくり交流させていただきました。下は安形会長、徳島のみなさんと中央公園の一角にある「自由は土佐の山間より出ず」の石碑前で。
e0255020_23563987.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2013-05-26 23:57