旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
2012年 11月 14日
16日解散、12月4日公示、16日投票、やるぞ!
 解散総選挙の日程がほぼ確定しました。党首討論で野田総理は「16日に解散する」と名言。その前提条件の公債特例法案、0増5減を実施、比例定数削減を来年通常国会で協力する、と民自公が合意したことによるものです。これは現象面明らかになっていること。

 しかし実態は、公約を破って民自公で消費税増税を強行したことによって解散を「近いうち」と約束させられたこと、それらを含めて支持率が大幅に低下しすでに「死に体内閣」になっていることがあります。つまり国民の批判、怒りのなかで解散に追い込まれたというのが真相ではないか。

 望むところである。消費税だけでなく、オスプレイの配備、米軍基地の固定化、TPPの推進、原発ゼロに背を向ける、などなど、公約破りの数々の悪行を続ける野田政権に審判を下したい。同時に、自民公明は国民から見放され政権から下野させられた政党です。原発も、オスプレイも、米軍基地ももとはといえばすべて自民党が震源地ではありませんか。

 どっちが勝っても政治はけっしてよくなりません。それでは第三極はどうか。二大政党の政治のゆきづまりのおおもと「アメリカいいなり」「財界いいなり」という二大巨悪を変える意志も政策もありません。それだけではありません。よりドラスティックな手法で古い政治を強行するという姿勢が顕著です。橋下氏、石原氏は名うての改憲論者、私は安倍氏と会わせて「改憲三羽がらす」と呼んでいます。

 日本共産党は、ゆきづまりの根源の二つの巨悪を根本からただす立場を持つ唯一の政党です。ですからあらゆる問題で民自公に代わる対案、ビジョンを持って新しい日本を築く展望を示しています。このビジョンを大いに語り抜き、国民とともに新しい日本、新しい政治をつくりだしていきます。

 なんとしても共産党を躍進させてください。私を国会に再び送りだして下さい。みなさんのお力添えを心を込めてお願いいたします。

 この訴えを一区の隅々で、すべての有権者に語り抜き、私の政治姿勢、やってきたこともすべて知らせきり審判を仰ぐ決意です。
[PR]
by haruna-naoaki | 2012-11-14 23:20