旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
2012年 09月 14日
オスプレイNO! 低空飛行中止 オレンジルート 怒りの県民集会
 「子どもたちに安心、安全の青空を~オスプレイ配備反対 低空飛行訓練中止 オレンジルート怒りの県民集会」(主催 高知県平和委員会 嶺北平和委員会 日本共産党高知県委員会 後援本山町職員労働組合、土佐町職員労働組合)が開催され、地元本山をはじめ県内各地から250名のみなさんが結集、大きく成功しました。下は参加者全員で「オスプレイは×」と抗議の意思表示。
e0255020_23261814.jpg

 今西副町長が今西芳彦町長のメッセージを代読、大川村の和田町長があいさつ、土佐町長、東洋町長、香美市長からもメッセージが寄せられました。下は今西副町長。
e0255020_23371436.jpg

 仁比そうへい前参議院議員が基調報告。仁比氏は配備されたオスプレイが10月にも試験飛行を強行し、その場所が土佐沖のリマ海域であることが国会答弁から明らかになったと指摘。私のそのことは知らなかったので改めて怒りがこみ上げてきました。
e0255020_23394599.jpg

 さらに、オスプレイはオートローテーション機能が欠如した欠陥機であること、墜落と爆音被害の危険が大きく広がること、海兵隊の「侵略力」強化に荷担する危険、と3つの角度からその危険性を強調。「日本はアメリカの属国ではない。安保条約を見直し平和外交を貫く日本をつくるためにともに力を合わせましょう」と力強く報告しました。下は和田大川村長のあいさつ。
e0255020_23422180.jpg

 低空訓練に悩まされ怒る地元3名の方がそのひどさを告発しました。本山保育園長は「子どもたちが怖くて泣き叫ぶことがしばしば。絶対にやめてほしい」、埼玉から子どもを連れて本山町に疎開ししてきた福島さんは「豊かな自然、優しい人たち、素敵なところで住めると喜んでいた矢先、二回の低空飛行訓練に遭遇。ものすごい爆音で子どもは恐怖におののき私もあわてふためいた。安心して子育てできるようにしてほしい」と訴え。同じく土佐町に引っ越してこられた母子も「怖い。やめてほしい。日本はどこにも安心して住めるところがないのかと思ってしまう」。下は抗議先の防衛省の電話番号を示しながら語る福島さん。
e0255020_23474980.jpg

 そのほか、低空訓練に悩まされている徳島県からも美浪三好市議が参加して発言、94年の早明浦墜落現場をいち早く調査した和田平和委員会事務局長も発言しました。
 感動と怒りがわいてくるすばらしい県民集会、マスコミのみなさんも多数取材していました。どんな放送がされるか楽しみです。沖縄のたたかいに連帯して大きな運動にしていきます。下は午前中の中根県議との街頭宣伝。
e0255020_2351462.jpg

[PR]
by haruna-naoaki | 2012-09-14 23:52