旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
2012年 08月 28日
選挙制度改悪衆議院採決、民主、いいかげんにせよ
 比例定数40削減、0増5減、連用制という民主党の選挙制度改定案を民主党単独で衆議院で強行採決しました。参議院に法案は回ることになります。

 とにかく前代未聞です。選挙制度というのは民主主義の基本中の基本、ですからその主権者から選ばれた全政党が参加し、しっかり議論したうえでよりよい制度へと一致点で前進していくということが大原則です。ところが民主党が単独で、それまでの議論の積みあげを全部反故にして、自分たちの法案を単独で強行したのです。
e0255020_22145557.jpg

 しかもその内容がひどい。一番民意を反映する比例定数を二段階に分けて今回40、次に40、合計80も減らすというのですから。これが「国会議員も身を削る」ことだというのですから。
 今日の早朝で訴えたのですが、「無駄使いの象徴、政党助成金をそのままに定数を減らしたら、残った議員への政党助成金額がふえるだけです。これは身を削るのではなく、身を太らせるものです。そして削られるのは民意なのです」。

 明日は民主の暴走にたいして自民が野田内閣不信任決議案を提出するといいます。そのうえ参議院は野党が多数ですから民主の案は通りません。不信任決議案が採決されれば国会は動きません。今国会での選挙制度改革案は通らないことは間違いないと思います。それなのにどうして民主は出したのか。「国会議員も身を削っている」と国民を引きつけたいことと、自民などの反対で0増5減ができず、これでは選挙ができないと、分が悪い総選挙を先送りしたいという思惑がみえみえです。

 オスプレイ配備、TPP推進、消費税の大増税、基地の固定化、原発の再稼動―むちゃくちゃな民主党政権。党利党略ばかり、悪い方に民主の足を引っ張る自民党。実力をつけて選挙に勝ち抜かないと各支部のみなさんと行動。4名の日曜版、1名の日刊紙読者がふえました。
[PR]
by haruna-naoaki | 2012-08-28 22:36