旧ブログ。現在はこちら。 http://haruna.jcpweb.jp/
by haruna-naoaki
プロフィールを見る
画像一覧
2011年 10月 26日
「この新聞はためになるしおもしろい」とうれしい一言
 午前小高坂支部のTさん、Jさんとともに宝町で訪問活動。お会いできたすべてのおうちで原発ゼロ署名をいただき、赤旗まつりの協力券を2枚買っていただき、日曜版を8名の方に購読してもらいました。

 そのうち元読者のお一人は「この新聞をまた読みたいと思っていました。一つひとつの記事がおもしろいし、ためになる。料理とか芸能とかもおもしろいし、いつお願いしようかと思っていたんですよ」とうれしい一言。俄然やる気が出てきます。

 夜、県国家公務員労働組合の定期大会にさこ市長候補と出席。今年の人事院勧告も公務員給与を大幅に減らす方針です。
e0255020_2371022.jpg
 「公務員の賃金は高すぎる」という方もおられますが、私は「民間が低すぎる」と思っています。公務員の賃金もどんどん下がっていますが、それ以上に民間が深刻な事態になっていることが一番の問題です。

 公務員賃金が下がる、それに合わせて民間もまた下がる、民間が下がるなら「民間準拠」といってまた公務員賃金が下がる、まさに果てしない賃金下落、負のスパイラルです。それでは結局消費不況が永遠に続く事になります。

 いま問題なのは、経済の6割を占める消費購買力が落ち続けることで経済不況が続いていること。公務員も民間も賃金を上げる、正規雇用をふやす、ここにこそ日本経済が立ち直る唯一の道があります。
[PR]
by haruna-naoaki | 2011-10-26 23:05 | Comments(0)